シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

30歳の年の差愛を描く『エレジー』の監督とパトリシア・クラークソンに直撃!

30歳の年の差愛を描く『エレジー』の監督とパトリシア・クラークソンに直撃!
イザベル・コイシェ監督とパトリシア・クラークソン - Photo:Nobuhiro Hosoki

 映画『死ぬまでにしたい10のこと』のイザベル・コイシェ監督とパトリシア・クラークソンが、新作映画『エレジー』について語ってくれた。本作は、初老の大学教授デヴィッド(ベン・キングスレー)とその教え子コンスエラ(ペネロペ・クルス)の、30歳も年の差がある二人の恋愛を描いた大人のストーリーだ。パトリシアは、デヴィッドと割り切った関係のキャロラインを演じている。

 ペネロペの大胆なベッド・シーンも話題の本作だが、パトリシアも負けてはいない。「服を脱いでいるシーンが好きよ(笑)。編集でカットされないように願ってさえいたわ。楽しく演じることができたのは、監督のイザベルが夢のような空間を作り上げて、音楽を流しながら演技をさせてくれたからだと思うわ」とパトリシア。

 演じたキャラクターについては「キャロラインとデヴィッドは、似た者同士なの。恋愛ざたで泥沼の関係になるのを嫌う二人ね。それにはお互い正直でなければならないという条件がつくけれど、そこが二人の微妙な関係の美しいところなの」と演じるキャロラインを分析するように語ってくれた。

 キャスティングについてイザベル監督は「パトリシアとペネロペは、早い段階で決まっていたわ。ベンとはたくさん話をしたの。愛と死、そしてコンスエラの愛の遍歴などさまざまに。そのときベンはこう言ったわ。『恐らくガンジーを演じるときより難しくなるだろう』って。彼にとってデヴィッドは、あまりにも共感でき過ぎてしまう人物だったそうよ」とのことだ。

 パトリシアの次回作は、ウディ・アレン監督の映画『それでも恋するバルセロナ』とマーティン・スコセッシ監督の映画『シャッター・アイランド』だ。一方、イザベル監督は、菊地凛子主演の映画『マップ・オブ・ザ・サウンド・オブ・トウキョウ』(原題)で、ほとんどが日本人キャストになるそうだ。(取材・文:細木信宏 / Nobuhiro Hosoki)

映画『エレジー』は1月24日よりシャンテ シネ、Bunkamuraル・シネマほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • エレジー 2009-5 from 観たよ~ん~ (2009年2月1日 9時17分)
    「エレジー」を観てきました~♪ 大学教授のデヴィッド(ベン・キングズレー)は、講義だけじゃなくテレビにも出る有名人、コレまで心よりも身体を重視した恋愛を楽しんできた。或る日、30歳も年齢の離れた教え子コンスエラ(ペネロペ・クルス)の美しさに魅かれ、彼女を口説き落とす事に成功する・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、年下の恋人ができるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします~♪ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 1月
  4. 23日
  5. 30歳の年の差愛を描く『エレジー』の監督とパトリシア・クラークソンに直撃!