シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

男女の間での禁断ワードとは?映画『レボリューショナリー・ロード』から投票!

男女の間での禁断ワードとは?映画『レボリューショナリー・ロード』から投票!
映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』より - (C) 2008 DW Studios LLC. All Rights Reserved.

 映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』で語られる「男と女の禁断ワード」をアンケート投票したところ、男女の間に意外な違いがあることが判明した。

 日本時間22日に、発表されたアカデミー賞ノミネーションで、助演男優賞、美術賞、衣装デザイン賞の3部門にノミネートされた『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』は、映画『タイタニック』で永遠の愛を誓い合った悲劇のカップルを演じたレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが、11年ぶりの共演で悲劇の夫婦を演じている。

 鬼のような形相のケイトにまくしたてられ、逆ギレしながらも怯えた目で睨み付けるレオ……という『タイタニック』からは想像のできない修羅場が描かれている。劇中で二人は、壮絶な夫婦ゲンカを繰り広げるが、それを言ったらすべてが終わるという男女間のNGワードは、万国共通のようだ。

 男性陣にとっての禁断ワードは、「それでも男?」。情けない彼氏やだんなについ言ってしまう一言だが、男性にとって性別まで否定されたらもう終わり。女性陣も、この一言が持つ危険性は十分承知のようなので、別れの最終兵器として使用すべきだろう。

 そして、女性陣にとっての禁断ワードは「浮気してたんだ……」の一言。「浮気してるんだ」の現在進行形のさらに悪いバージョンである、「浮気してました」という過去完了報告は、ただの自己満足に過ぎない。男性の浮気は、墓の中まで持っていくべきなのがよくわかり、この言葉の危険性に男性陣の認識が意外に甘く、禁句だと思っている男性は、何と女性の1/3!

 「それでも男?」「浮気してたんだ……」、こんな禁断ワードが飛び出てしまう前に、夫婦ゲンカを収めることこそが、夫婦円満への道なのかもしれない。

映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』は1月24日より丸の内ピカデリー1ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「レボリューショナリー・ロード」あと少し幸せに近い場所へ from soramove (2009年2月5日 21時11分)
    「レボリューショナリー・ロード」★★★★ レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウインスレット主演 サム・メンデス監督、2008年、アメリカ 「それは、やりがいのある仕事ですか? 食べるためだけの、仕事ですか? それが分かるのは自分だけ、 他人にどう思われるか、気になりますか?」 -「タイタニック」の悲恋カップルが 到達した大人の事情ー 小高い丘のかわいらしい白い家、 幼い二人の子供と暮らす夫婦、 妻はある日、 今の生活は自分たちが本当に 望んだものじゃないと、 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 1月
  4. 23日
  5. 男女の間での禁断ワードとは?映画『レボリューショナリー・ロード』から投票!