シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

みのもんた、アカデミー賞最有力の監督に「ファイナルアンサー?」と問いかけられる!

みのもんた、アカデミー賞最有力の監督に「ファイナルアンサー?」と問いかけられる!
ファイナルアンサー?

 18日、六本木・東京ミッドタウンにて映画『スラムドッグ$ミリオネア』の来日記者会見が行われ、監督のダニー・ボイルとタレントのみのもんたが登壇した。

 3度目の来日となるボイル監督は、日曜に控えたアカデミー賞に日本から向かう。本作はインドを舞台に、スラムで生まれ育った少年が愛する人に再会したい一心でテレビ出演を目指しミリオネアに挑戦する……というものだが、この作品の大きなテーマに運命が掲げられている。「劇場公開にならないはずの作品だった。完成に至るまでの全てが運命としか思えない。僕は運命を信じていなかったが、インドでそれを気付かされた。そして今ここにいる」と情熱を込めて語るボイル監督。「主役のオーディションも全世界で行った。けれど見つからなかった。そんなとき、娘が勧めてくれた俳優がいた。見た瞬間彼に決めたよ。彼はどこにいたと思う? 僕と同じロンドンに住んでいたんだ。答えはすぐ近くにあるということを思い知ったよ」という秘話も披露し、この作品が内容の素晴らしさだけでなく、運命という大きな何かに突き動かされていることを実感している様子だった。

 さらに、世界中で放送される「クイズ・ミリオネア」の日本における司会でありギネス記録保持者でもある世界一の司会者として、みのもんたが登場。「今日ゲストで来たこと、これも運命だよね。昔から赤い糸で結ばれてたのかな(笑)」と笑いボイル監督は、アカデミー賞に勝つ! と縁かつぎのために用意されたカツカレーをみのと一緒に仲良くほおばりうれしそうな笑顔を見せていた。

 『スラムドッグ$ミリオネア』は、ボイル監督の最高傑作と評され、本年度のアカデミー賞で9部門10ノミネートに輝いた感動のヒューマンドラマ。クイズ番組「ミリオネア」に挑戦するスラム街出身の少年ジャマール(デーヴ・パテル)が、「スラム出身者が正解できるはずがない」と不正を疑われてしまう。アカデミー賞の前哨戦と言われるゴールデン・グローブ賞で4冠に輝いているだけに、2月23日(日本時間)に開催されるアカデミー賞授賞式の行方に期待がかかる。

映画『スラムドッグ$ミリオネア』は4月よりシャンテシネほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 2月
  4. 19日
  5. みのもんた、アカデミー賞最有力の監督に「ファイナルアンサー?」と問いかけられる!