シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

凄惨な人種差別が背景!大人の階段を上る14歳の少女演じるダコタ・ファニング

凄惨な人種差別が背景!大人の階段を上る14歳の少女演じるダコタ・ファニング
『リリィ、はちみつ色の秘密』 - (C) 2008 Twentieth Century Fox

 バラク・オバマがアメリカ史上初めての黒人大統領に就任し、人種差別問題がいままで以上に語られている中、映画『リリィ、はちみつ色の秘密』が注目を集めている。かつて、アメリカで人種の違いだけで人が人としての扱いを受けないことが当たり前だった時代に、柔らかな心で人種の壁を越え、愛を知り、心の成長を遂げる少女の姿を描いた本作。舞台となるのは、公民権法制定当時のアメリカだ。キャスト、スタッフ面では、アカデミー賞や、グラミー賞を受賞、またはノミネート経験者の豪華共演やウィル・スミス夫妻が製作に携わっていることでも話題になっている。

 人種差別を受け、虐げられ続けてきた黒人が、法的に白人と平等の立場に置かれることを目的としてアメリカで公民権法が制定されたのは1964年。反人種差別運動である公民権運動が高まっての結果だった。この運動が広がる契機となったのは、あるボイコット運動だ。1955年、アラバマ州で白人専用座席に座った黒人女性が運転手から退去命令を受け、それを女性が拒否したことで投獄されたという事件が起こった。これに対しマーティン・ルーサー・キング牧師らがバスの乗車を拒否するという抗議運動を行い、アメリカ中に反響を呼んだのだった。

 法が制定され事態はすぐに改善されたのかと言えば、決してそうではなかったのだ。本作で描かれるのは公民権法が制定された年に起こったとされる出来事だが、劇中で登場する法を無視しての人種差別行為は陰惨だ。例えば、主人公の少女リリィ(ダコタ・ファニング)が、黒人家政婦のロザリン(ジェニファー・ハドソン)と街へ出る場面だが、白人のリリィと一緒に歩いていたというだけで、ロザリンが白人からとがめられ暴力を受けるというエピソードは、あまりの不当な仕打ちに誰もが怒りを覚えるだろう。

 主人公の少女リリィが生きるのは、そのような非道がまかり通っていた時代だ。しかし、14歳の彼女のまなざしには人種差別という曇りはない。周囲に惑わされることなく、人種の違いで差別を受けることへ疑問を持ち続けている。母親の愛を確認できないことで葛藤(かっとう)し、自らのルーツをたどって仲の良い黒人家政婦と一緒に旅に出るこの少女は、旅の途中に出会いを果たした黒人姉妹と、まっさらな心で交流を持つ。知的で感性豊かな黒人姉妹たちとの暮らしの中でリリィが得るのは、かけがえのない愛ときずなだ。人種を越えた心の触れ合いを通して少女が大きく前進する姿は未来の明るさを信じさせ、熱い涙を誘うに違いない。

映画『リリィ、はちみつ色の秘密』は3月20日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • リリィ、はちみつ色の夏(「リリィ、はちみつ色の秘密」原作) from Life on Mars (2009年3月6日 20時38分)
    リリィ、はちみつ色の夏(2005/06/18)スー・モンク・キッド 1964年アメリカ、サウスカロライナ。14歳のリリィは、愛情のない父親のもとから、メイ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 3月
  4. 6日
  5. 凄惨な人種差別が背景!大人の階段を上る14歳の少女演じるダコタ・ファニング