シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

天下の大泥棒・五右衛門が旋風を巻き起こす!古田新太「歌いながら観てください!」

天下の大泥棒・五右衛門が旋風を巻き起こす!古田新太「歌いながら観てください!」
松雪泰子と古田新太

 9日、新宿バルト9にて映画『ゲキ×シネ「五右衛門ロック」』完成披露試写会が行われ、主演の古田新太、松雪泰子、森山未來、橋本じゅん、高田聖子、栗根まこと、そして冠徹弥が登壇した。

 本作は何十台ものカメラを設置し収録・映画化したもので、劇場とシネマをかけ合わせ“ゲキ×シネ”と呼ばれている。ハードロックの生演奏に合わせて出演者が激しく踊り歌いまくるという作品だが、主役の古田は「映画になるとライブ感がないので歌が長いです」といきなりの自虐コメントで観客の爆笑をさらい、更に「映画のいいところは、アップが多いので北大路(欣也)先輩の目力! すっげー目力ですから!」「後ろで力抜いてるやつを探してみてください」「松雪さんのスペイシーな衣装をお楽しみください」と最後まで本気とも冗談ともとれないあいさつを繰り広げ、さながら五右衛門そのままといったその様子に、並んで立つキャストも笑い続けていた。

 激しい演技が全編で繰り広げられているため体力の消耗もすごかったそうだが、それだけに強い連帯感もあったそうで「毎日未來と飲んでました」という古田。橋本は「トイレに行ったら北大路先輩がお先にスタンバイされてまして(笑)、出ていくときに『マッチョ!』って叫んでね……。独り言かもしれないけど、映画観るたびその思い出がトラウマのように……」とまたしても先輩とのエピソードに場内は大爆笑。最後は冠の生歌も披露され、大盛り上がりの舞台あいさつとなった。

 『ゲキ×シネ「五右衛門ロック」』は、釜ゆでにされた石川五右衛門(古田)がお竜(松雪)の手により逃亡していたところから始まる。めくるめく音楽・衣装・舞台美術に笑いあり涙ありの物語で、日本の現代演劇界トップと言われる劇団☆新感線による見応え満点の作品だ。

映画『ゲキ×シネ「五右衛門ロック」』は5月16日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 4月
  4. 10日
  5. 天下の大泥棒・五右衛門が旋風を巻き起こす!古田新太「歌いながら観てください!」