シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ワイルド・スピード』最新作が週末だけで71億円!驚きの興行収入!-4月6日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『ワイルド・スピード』最新作が週末だけで71億円!驚きの興行収入!-4月6日版
『ワイルド・スピード』最新作 - (C) 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 ハリウッドの柳の下にはドジョウが何匹もいる……! 2001年の映画『ワイルド・スピード』から数えて今回4作目の映画『ファスト・アンド・フューリアス』(原題)が、4月3日(金)に全米公開され、週末にかけて7,100万ドル(約71億円)という関係者ものけぞりそうな興行成績を上げて、見事ナンバーワンに輝いた!

 これは4月の週末興行成績の王者だったジャック・ニコルソンとアダム・サンドラーのコメディー映画『N.Y.式ハッピーセラピー』が記録した、4,220万ドル(約42億2,000万円)という成績をはるかに超えたすごい数字である。

 2001年のオリジナル版出演者たちであるヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、そしてミシェル・ロドリゲスが再び一堂に会した『ファスト・アンド・フューリアス』(原題)は、シリーズ3作目にあたる映画『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』のアメリカの興行収入合計を、週末のたった3日間のみで突破するというスゴ技を披露!

 アニメ・実写ともに車をテーマにしているほかのどの作品よりもチケットを売りさばき、これまでの王者であったピクサーの大ヒットアニメ映画『カーズ』(封切り週末6,010万ドル(約60億1,000万円))でさえも見事にブッちぎり、歴代1月から4月にわたる春期興行収入においては、『ファスト・アンド・フューリアス』(原題)を打ち負かしたのはイエス・キリストだけ(2004年のメル・ギブソン監督映画『パッション』)……という驚くべき成績を記録した。

 ちなみに、先週の1位からガードレールを突き破って(!?)2位へ落下してしまったのは、映画『モンスターVSエイリアン』で、3,261万ドル(約32億6,100万円)。『ファスト・アンド・フューリアス』(原題)が驚異的な興行収入をはじきださなければ、まだまだ1位を保てていたのかもしれない成績である。

 3位以下のランキングは、先週の2位から4位がそのまま下へずれた形になり、3位に948万ドル(約9億4,800万円)の興行収入を収めた映画『ザ・ハンティング・イン・コネチカット』(原題)、4位が815万ドル(約8億1,500万円)の映画『ノウイング』で、5位が772万ドル(約7億7,200万円)の映画『アイ・ラブ・ユー、マン』(原題)となった。

 4月10日(金)封切り予定の注目作品だが、まずは近年大人気のお笑い男セス・ローゲンが主演のドタバタ映画『オブザーブ・アンド・レポート』(原題)。同作品には、才能はあるのに仕事に恵まれないレイ・リオッタが共演している。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 4月
  4. 8日
  5. 『ワイルド・スピード』最新作が週末だけで71億円!驚きの興行収入!-4月6日版