シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジャッキー・チェンの発言、波紋広がる…「中国人は制されるべき」

ジャッキー・チェンの発言、波紋広がる…「中国人は制されるべき」
ジャッキー・チェン

 ジャッキー・チェンが、中国人は政府によって統制されるべきだと語り、波紋が広がっている。

 2008年の北京オリンピックでは開会式・閉会式の両方に出席し、中国政府から熱くもてなされているジャッキーだが、海南島で行われたフォーラムで、新作映画『新宿インシデント』が中国で上映禁止となっていることを踏まえ、中国本土での検閲について質問され、「自由があるのがいいことかどうか、僕にはわからない。自由が過ぎると、今の混沌とした香港のようになるし、台湾も無秩序だ」とコメント。「僕はだんだん、中国は統制されているべきと考えるようになってきた。規制がなければ、何でも好き放題になってしまう」と語り、中国人の出席者から大きな拍手でたたえられた。一方、名前の挙がった香港と台湾では怒りの声が上がり、香港の議員からは「彼の発言は中国の人々を侮辱している。中国人はペットではないし、人権を守る民主主義システムやルール、法が必要だ」と反発が強まっている。フォーラムには中国首相の温家宝氏が出席していたこともあり、政治的な影響もあるのではと言われている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 4月
  4. 20日
  5. ジャッキー・チェンの発言、波紋広がる…「中国人は制されるべき」