シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

菊地凛子と押尾学を大絶賛のコイシェ監督、日本の痴漢もよくご存じ!【第62回カンヌ国際映画祭】(1/2)

菊地凛子と押尾学を大絶賛のコイシェ監督、日本の痴漢もよくご存じ!
イザベル・コイシェ監督-カンヌにて - Photo:Harumi Nakayama

 菊地凛子主演のスペイン映画『マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー』(原題)のイザベル・コイシェ監督が第62回カンヌ国際映画祭でこのほど、日本人記者のインタビューに応じた。同作品は東京でロケを行ったが、イザベル監督の驚くべき日本ツウぶりがわかった。

 イザベル監督は約13年前に初めて日本を訪れたそうだが、映画のアイデアを思いついたのは2006年に行われた東京国際女性映画祭で来日した際。主演の殺し屋リュウを誰にするか。イザベル監督は菊地が出演した映画『生きたい』『バベル』を観て出演を依頼した。イザベル監督は「わたしがバルセロナの自宅に泊める女優は、(映画『あなたになら言える秘密のこと』の)サラ・ポーリーと凛子だけ。この二人は特別よ。わたしが仕事をしたいと思った人物で、夢がかなったんだから」と菊地にゾッコンのようだ。

 そのリュウの唯一の友人で、映画の語り部となる録音技師役の田中泯に至っては、15年前にニューヨークで見た舞踏がきっかけだったと言う。イザベル監督は「この映画でナレーター役はとても重要。そこで彼を思いついたんだけれど、最初は自分の劇団を持っていて忙しいからと断わられた。そこを何とかお願い! と彼のもとへ乗り込んで行って承諾してもらったの。演技が深く、心に触れる演技をしてくれて、とても良かった」とニッコリ。

 そのほか、娘を亡くす父親役の中原丈雄、その部下の榊英雄、そしてセルジ・ロペスが経営するワイン店店員役の押尾学は、オーディションで選んだ。 中でも、本作で最も流ちょうな英語を駆使した押尾のことは「学はフレンドリーでチャーミング。日本で人気があると聞いていたけど、小さい役でも出演してくれた」とたたえた。

 撮影は2008年11月から約2か月間にわたり、浅草・花やしき、大田市場、下北沢、高円寺、そして横浜のラーメン博物館でも撮影を行っている。日本はロケ規制が厳しいことで知られるが、イザベル監督は「みんな聞くんだけど、わたしはそう感じなかった。少ないクルーで行動していたからかも。今まで世界各国でロケをしているけど、最悪なのはモスクワよ」と笑い飛ばした。

 プレス上映で話題となった、菊地とセルジが通う車両型部屋のあるラブホテルはセットだが、調査に基づいて取り入れたのだという。イザベル監督は「わたしは泊まったことはないけど、女性二人で見学に行ったことがあるわ。そのとき見た部屋は、ペンギンがいる『氷の間』というものでビックリした(笑)。ああいう車両をモチーフにしたホテルは、大阪に実際あるのよ。今回、その部屋を選んだのは、部屋にドンとベッドを置いたラブしシーンを撮るのがイヤだったからなの」と説明する。痴漢プレイを楽しむ人がいるのを知っているとか? と尋ねると、「ええ、だって私鉄の車両に、『女性専用車両』っていうのがあるじゃない」と鋭い指摘をした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 菊地凛子主演作『Map of the Sound of Tokyo』トレーラー from 映画レビュー等のmktの日記 (2009年5月27日 9時8分)
    カンヌでも話題だった「Map of the Sound of Tokyo」ですが、 菊池凛子の体を張った(ヌードになれば体を張った?)演技で話題ですが、予告編を見る限りでは、いきなり金髪女の女体盛りや電車の中(風のホテル)でのエッチシーン等正直なんじゃこれTOKYOのオンパレード.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 26日
  5. 菊地凛子と押尾学を大絶賛のコイシェ監督、日本の痴漢もよくご存じ!