シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

リチャード・アッテンボロー、愛する絵画をオークションに

リチャード・アッテンボロー、愛する絵画をオークションに
超お宝品がわんさかですよ!-リチャード・アッテンボロー - BAFTA / Getty Images

 『ジュラシック・パーク』で知られる俳優で監督のリチャード・アッテンボローが、ロンドンの自宅に眠っている50点もの絵画を売りに出すことを決めた。絵画のコレクターでもあるアッテンボローだが、集め過ぎてもはや壁にかける場所がないとのこと。ガーディアン紙(電子版)によると、アッテンボローは「60年前に妻のシェイラとわたしはこの家を購入し、今日までここに暮らしている。当時、カーペットやカーテンを買う余裕はなくても、壁には絵を飾っていたかった」と絵画への愛を告白。しかし、成功して好きな絵画を購入できるようになって以降、絵画コレクションは順調に増え続け、今では「壁にかける場所がないくらいに絵画が増えてしまった」とのこと。「もう、別の人にこれらの宝を楽しんでもらうときが来た」と売却を決意した。オークションは11月11日にサザビーで開催され、絵画のほかに宝石なども売りに出されるそう。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 8月
  4. 13日
  5. リチャード・アッテンボロー、愛する絵画をオークションに