シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

山形出身の歌姫!夢は新宿コマ劇場で歌うこと!渚ようこ、自力でリサイタル開催に至るまで

山形出身の歌姫!夢は新宿コマ劇場で歌うこと!渚ようこ、自力でリサイタル開催に至るまで
熱唱します-渚ようこ - Photo:Harumi Nakayama

 2008年末に52年間の歴史に幕を下ろした東京・新宿コマ劇場を、独力で借り切った歌手のその日を追ったドキュメンタリー映画『新宿伝説-渚ようこ☆新宿コマ劇場ゲバゲバリサイタル』が、開催中の山形国際ドキュメンタリー映画祭2009で上映された。

 歌手の名は、山形県白鷹町出身の渚ようこ。1994年にデビュー後、クレイジーケンバンドの横山剣プロデュース「Yoko legance 渚ようこの華麗なる世界」や俳優・半田健人とデュエットした「かっこいいブーガルー」をリリースし、昭和歌謡の担い手として活躍する一方で、新宿ゴールデン街のバー「汀」のママでもある。

 そんな渚の夢は、「阿久悠に作詞してもらうこと」と「新宿コマ劇場で歌うこと」の2つ。故阿久氏とのコラボは2006年にリリースしたミニ・アルバム「HEY YOU!」で実現した。しかし、演歌の殿堂として知られ、かつて美空ひばりや北島三郎がホームグラウンドにしていた新宿コマ劇場の方は、簡単にかなう夢ではない。

 しかしコマ劇場の閉館を知った渚は、レコード会社や所属事務所に頼ることなく、独力で借りるべく行動に移す。渚の思いを知ったコマ側も異例の、2008年10月3日にリハーサル、同10月4日にリサイタルという日程を空けた。さらに、若松孝二監督やフォーク歌手の三上寛、内藤陳ら新宿の仲間たちが共演というカタチで渚をサポートすることに。本作で自らカメラを持ち、舞台ウラを記録した映像作家かわなかのぶひろ監督もその一人だ。

 かわなか監督は「渚が新宿に出て来て、何をしたらいいのかわからない不安定な時期があった。彼女を見ていて、世代は違うけど、心は似ているなと思った。彼女とは(東京造形大教授時代の)教え子がバーに行っていて知り合ったんだけど、僕のような上の世代と、学生のような下の世代をつないでいく不思議な魅力がある。男には、なかなかそれができないんだけどね」と渚の魅力を語った。

 念願のリサイタルまで準備期間は1年あったが、渚は「未経験のことがたくさんあって、ものすごいプレッシャーだった。資金や人間関係で押しつぶされそうになり、加えてチケットの売り上げが伸びず、どうしよう!? と思った」という。結果当日は、1,800人を動員。約1,000万円の制作費も無事に完済した。渚は「当日一日は恍惚(こうこつ)の時間になった。幸せなリサイタルになりました」と振り返る。

 その恍惚(こうこつ)のひとときを再現するかのようにこの日は、中川レオの「かもねぎ音頭」「ダンチョネ節」「白い朝」の3曲を熱唱するミニライブも開催。立ち見も出た客席からは、地元が生んだスターに拍手喝采(かっさい)が送られていた。(取材・文:中山治美)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 10月
  4. 13日
  5. 山形出身の歌姫!夢は新宿コマ劇場で歌うこと!渚ようこ、自力でリサイタル開催に至るまで