シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

リンジー・ローハン、仕事よりもアルコール教育プログラムを優先するよう裁判官に言い渡される

リンジー・ローハン、仕事よりもアルコール教育プログラムを優先するよう裁判官に言い渡される
リンジー・ローハン

 酒気帯び運転で保護観察中のリンジー・ローハンが、保護観察の条件の一つであるアルコール教育プログラムへの参加を仕事よりも優先し、毎週出席するよう言い渡された。

 「きちんと出席しなさい。もう十分すぎるほどの時間が過ぎました。ほかの場所で仕事があっても、ほかの用事があったとしても、これが最優先されなければなりません。1週間に1度は出席する必要があります。ほかの用事は2番目、これが1番目にしなければならないことです」と裁判官はビバリーヒルズにある最高裁判所の法廷で言い渡した。リンジーは2010年7月15日までにプログラムに6か月間通わなければならない。リンジーは、今年10月に裁判所が言い渡したアルコール教育プログラムに参加していないことを理由に、裁判所に呼び出されたばかり。

 リンジーは2007年に薬物の影響下での運転と酒気帯び運転、無謀運転の罪を認め、1日の服役を言い渡されたが、84分で刑期が満了となり保釈されている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 12月
  4. 18日
  5. リンジー・ローハン、仕事よりもアルコール教育プログラムを優先するよう裁判官に言い渡される