シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ブルース・ウィリス 情報テクノロジーに頼りすぎの現代社会に不安

ブルース・ウィリス 情報テクノロジーに頼りすぎの現代社会に不安
大丈夫かね……。-ブルース・ウィリス

 テクノロジーに乗っ取られてしまう世界を描いた映画『サロゲート』に主演しているブルース・ウィリスが、現代人は互いに会話をするためにSNSサイトなどに頼りすぎていると語った。

 「僕が何よりも気になるのは、世間が求める情報コミュニケーションの速さが加速度的に進んでいっていること。僕は電子的な社会ネットワークは好まない。停電したらそれまでだ」と語る。ちなみに、ブルースの元妻デミ・ムーアと夫のアシュトン・カッチャーは、依存症と言われるほどのSNSマニアだ。

 昨年6月のマイケル・ジャクソンさんの死は、世界がどれほど情報テクノロジーに頼り、情報を発信しているのかを明確にした例だという。「世界はマイケルが亡くなったことをわずか4秒、またはそれ以下で知った。10年や20年前だったら夢の世界だ。情報はどんどんコンパクトになって、速くなっていく」と、あまりうれしくはないようだ。

 映画『サロゲート』での役について聞かれると、自分がこれまで演じたキャラクターはアクションヒーローが多く、今回の映画で世界を救ったのは10回目か11回目だと笑った。(BANG Media International)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • サロゲート from ネットで見つけた映画の無料動画 (2010年4月11日 0時10分)
    映画【サロゲート】 をネットの無料動画で視聴! ブルース・ウィリスの新作は、人間とロボットが一体化した生活を送る、近未来の物語。サロゲート の解説街を歩く美男美女たちは、実はみんな“サロゲート”というロボットで、持ち主たちはサロゲートに信号を送るだけの生活を送っ ...[外部サイトの続きを読む]
  • サロゲート from 東京ひとり暮らし@都会指数25% (2010年3月6日 18時20分)
    舞台となる未来の世界では、人間と無線でつながったロボットが開発されています。 人間は自宅で眠ったようにリクライニング・チェアに横になったまま、そのロボットを(おそらく脳波... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「サロゲート」 その世界観は、アイ・ロボット+マトリックス÷2かな。 from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2010年1月21日 16時8分)
    今日は、”サロゲート”の試写会に行ってきました。 ストーリーは、 近未来、人類の98%は自らの身代わりとなる“サロゲート”というロボットを日常生活に使用していた。ある深夜、青年と若い女性がクラブ前で殺された。その二人は実はサロゲートで、眼球を破壊され、IDチップ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 1月
  4. 21日
  5. ブルース・ウィリス 情報テクノロジーに頼りすぎの現代社会に不安