シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ビル・マーレイが激白!『ゴーストバスターズ3』ではすぐ死んでゴースト役で登場する!(1/2)

ビル・マーレイが激白!『ゴーストバスターズ3』ではすぐ死んでゴースト役で登場する!
ビル・マーレイとシシー・スペイセク - Photo:Nobuhiro Hosoki

 近年、個性的な監督とタッグを組むことが多くなった男優ビル・マーレイと、どの作品でも人々に強烈な印象を与える女優シシー・スペイセクがTribeca Film Festival(トライベッカ映画祭)に出展している『ゲットー・ロー/Get Low』(原題)について語り、それぞれの私生活についても明かしてくれた。

 本作は、山小屋で隠居生活をしていた老人フェリックス(ロバート・デュヴァル)が、自分が息を引き取る前に、自らの葬式を計画するというストーリー。1930年代、テネシー州に実在した老人フェリックス・“ブッシュ”・ブレゼルの実話を映画化した作品で、ビルは葬儀屋を演じ、シシーはフェリックスがかつて思いを寄せた女性の姉妹を演じている。

 主人公のフェリックスは、長い間同じ女性に思いを寄せているが、シシーは「5歳の時から私のボーイフレンドだったクリフォードというハンサムな男の子が、私が10歳の時に、彼の母親に私の薬指を計らせて、数週間後に銀色のリングをプレゼントしてくれたことがあったの!」とシシーにも長年思いを寄せてくれた男の子がいたことを明かしてくれた。しかし、この話にはオチがあり、その4、5週間後に胸の大きな転校生が引っ越してくると、彼はすぐに彼女に別れを切り出してきたという。「プレゼントしたリングも返してくれ! って言ってきたのよ!! 結局、仕方なく返したんだけど、そうしたらそのリングをその転校生が指にしていたの!」と語った。しかし、その転校生にシシーの指輪のサイズは合っていなかったらしい。

 ビルはエージェントを雇っていないことでも有名だが、エージェントからひっきりなしに掛かってくる出演依頼の電話にうんざりし、居留守を使った日のことを明かしてくれた。「何分経っても電話は鳴り止まなかったんだよ……。エージェントの非常識な行為に嫌気がさして、それ以来、留守電は付けていないし、エージェントは解雇して、弁護士を通して出演依頼を受けるようにしたんだ」と話し、それ以降生活がしやすくなったことも付け足した。しかし、彼の周囲は、いつも彼と連絡がつかず困っているらしい。

 一方、ビルが演じた葬儀屋のフランクは、フェリックスの亡くなる前に葬式をするというとんでもない要求を受け入れる。ビルはまず「フェリックスは、過去の出来事に苦しめられ、はけ口のない感情が怒りに変わり、人々が接しがたい人物になっていたんだ」と主人公フェリックスについて話し、「フランクはそれを自分の立場に置き換えて、もし自分がフェリックスと同じような過去を持っていたら……と考えて、この要求を受け入れるんだ」と二人の関係も楽しみな本作の魅力を明かした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 1日
  5. ビル・マーレイが激白!『ゴーストバスターズ3』ではすぐ死んでゴースト役で登場する!