シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ユアン・マクレガーがジョニー・デップに?テリー・ギリアム監督が明言!

ユアン・マクレガーがジョニー・デップに?テリー・ギリアム監督が明言!
ユアン・マクレガー

 映画『未来世紀ブラジル』『Dr.パルナサスの鏡』などで鬼才を遺憾なく発揮しているテリー・ギリアム監督の長年取り組んでいる映画『ザ・マン・フー・キルド・ドン・キホーテ』(原題)に、ユアン・マクレガーが出演することが明らかになった。

 映画『ザ・マン・フー・キルド・ドン・キホーテ』(原題)といえば、映画『ロスト・イン・ラ・マンチャ』でも描かれたように、小説「ドン・キホーテ」に着想を得たギリアム監督が10年以上も映画化を試みている一方でどうしても完成しない映画としても有名。21世紀の広告マンが17世紀のスペインにタイムスリップしてしまい、ドン・キホーテの従者を務めるというのがこれまで明かされているストーリーで、主人公の広告マンはジョニー・デップが演じることになっていた。

 今回ギリアム監督が語ったところによると、これまで通りジョニーを起用するつもりだったものの、撮影が映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の最新作の撮影時期と重なってしまったため、ユアンを起用することに決めたという。元々はジャン・ロシュフォールが演じるはずだったドン・キホーテも、ロバート・デュヴァルが演じることになっており、たび重なるキャスト変更はギリアム監督としても苦肉の決断だ。

 だが、ギリアム監督はユアンの才能を大いに買っており、「年を経るごとにすごく良くなっている役者だね。彼が笑うと、みんなとろけてしまう。すごくチャーミングだよ!」と彼が決してジョニーの代役ではないことをアピール。ギリアム監督にとってもファンにとっても、今回の作品はまさに長年の夢。新たなキャストを得て、今度こそ完成にこぎ着けることを期待したい。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 奇才!テリーギリアムに注目せよ。 from Gaius 8 (2010年5月19日 23時10分)
    ロストインラマンチャ的なことにユアンが巻き込まれるらしいです。怖いです。日本語版ニュースはこちらhttp://www.cinematoday.jp/page/N0024429 英語版ニュースを見て、ジョニーデップの後釜にユアンを持ってくるなんてテリーギリアムわかってんじゃんwティムバートン的理解度だなちみわ~でもまっさかー☆って思ってたんだが日本語版で見ると冗談ではなさそうに思えてくるのが不思議。 というわけで以下元ネタ ユアソがギりアムのキホーテに命がけなり!Ewan McGregor to Ris ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 19日
  5. ユアン・マクレガーがジョニー・デップに?テリー・ギリアム監督が明言!