マドンナ監督映画2作目、ユアン・マクレガーがエドワード8世を演じる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マドンナとユアンの相性はいかに?-ユアン・マクレガー - George Pimentel / WireImage / Getty Images

 映画『フィリップ、きみを愛してる!』では、ジム・キャリーと恋人同士を演じたユアン・マクレガーが、マドンナの監督第2作目へ出演することが明らかになった。

 業界紙スクリーン・デイリー紙が伝えたところによると、ユアンがマドンナの監督映画『W.E』(原題)へ出演するとのこと。本作でユアンが演じるのはイギリス王エドワード8世で、映画は人妻だったアメリカ人女性ウォリス・シンプソン夫人のために退位したエドワード8世の「王冠を捨てた恋」をドラマティックに描いていく。エドワード8世が王位を捨ててまで結婚を望んだシンプソン夫人は、『マイレージ、マイライフ』のヴェラ・ファーミガが演じる。映画は、『ジュリー&ジュリア』のように、エドワード8世とシンプソン夫人が生きていた過去の物語と現代の物語が交差する構成で、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』のアビー・コーニッシュがシンプソン夫人の恋物語に夢中になっている現代の女性役で出演する。脚本は、1991年のドキュメンタリー映画『イン・ベッド・ウィズ・マドンナ』のアレック・ケシシアンとマドンナが共同で執筆し、撮影は今夏からロンドン、南フランス、ニューヨークで行われる予定だ。

 「ポップスの女王」マドンナの記念すべき初監督映画『ワンダーラスト』は、自らの人生経験を投影しつつ、夢と現実のはざまで生きる若者たちの苦悩や葛藤(かっとう)を描き、映画監督としても高い評価を得た。監督第2作目で、英国王室のスキャンダルであるエドワード8世とシンプソン夫人の禁じられた恋を題材に選ぶとは、いつまでも挑戦し続けるマドンナらしいチョイスといえるだろう。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]