シネマトゥデイ

ロスト・イン・ラ・マンチャ (2002)

5月10日公開 93分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロスト・イン・ラ・マンチャ

見どころ

『12モンキーズ』『ラスベガスをやっつけろ』のテリー・ギリアム監督とそのスタッフたちが幻想文学「ドン・キホーテ」を映画化するべく奮闘する姿と映画製作が頓挫するまでの過程を描いた異色のメイキング・ドキュメンタリー。ドン・キホーテを演じるのは『髪結いの亭主』のジャン・ロシュフォール、キホーテの従者役に『ショコラ』のジョニー・デップ。次々と襲いかかるアクシデントの中で必死に映画を完成させようとするスタッフとキャストの姿が感動的。

あらすじ

ぎりぎりの製作費でプロジェクトが動き始めた『ドン・キホーテ』。俳優たちの撮影日が決まりどうにか撮影が開始される。だが、大雨が降って機材を押し流し、戦闘機の爆音で度々中断させられ、主演俳優は腰を痛め……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
LOST IN LA MANCHA
製作国
アメリカ・イギリス
配給
  • シネカノン
カラー
(渋谷シネ・アミューズ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]