シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アシュトン・カッチャー、自分の妻と寝た男ブルース・ウィリスに嫉妬

アシュトン・カッチャー、自分の妻と寝た男ブルース・ウィリスに嫉妬
アシュトン・カッチャー

 アシュトン・カッチャーはブルース・ウィリスを見ると、自分の妻デミ・ムーアと寝た男だという思いが頭から離れず、当初は彼を好きになれなかったという。

 「最初は難しかったよ。でも嫉妬や不安感を克服したら楽になった」とアシュトンは語る。今は二人とも非常に仲が良く、デミと子供たちと一緒に6人で一緒に時間を過ごしているとのこと。「人からはよく、『どうやったらそんなに仲がいいの?』と聞かれるけど、僕だってブルースがやることで気に入らないことはあるし、彼だって僕に不満はあると思う。でも、ブルースと一緒に時間を過ごすのは僕にとって当たり前のことなんだ。子どもたちと一緒にスキューバダイビングやスキーに行くし、映画も一緒に観る。スポーツについて話し合ったりもするよ」とライヴ誌のインタビューで語っている。

 アシュトンとデミが2003年に交際を始めたとき、15歳の年の差が大きな話題となったが、アシュトンは年齢差よりも交際したいと思う女性にめぐり合えたことに驚いたという。「妻と出会うまではもう誰とも真剣に付き合わないと決めていたんだ。『サタデーナイト・ライヴ』の司会をしていたときに彼女と出会ったんだけど、当時の僕はパーティに行って、いろいろな女の子と寝て楽しむ生活を過ごしていた。でも、デミに出会ってからは『彼女と一緒にいられずにはいれない』という感じ。運命を感じたよ。運命の人を必死に探し求めていると出会わないものだけど、探すのをやめると突然目の前に現れるものなんだね」とアシュトンはコメントしている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 8日
  5. アシュトン・カッチャー、自分の妻と寝た男ブルース・ウィリスに嫉妬