シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

加藤登紀子、政府にもの申す!「戦争に勝利・敗北はない」東京大学・安田講堂で安保熱く語る!(1/2)

加藤登紀子、政府にもの申す!「戦争に勝利・敗北はない」東京大学・安田講堂で安保熱く語る!
熱い思いを語る加藤さん

 1960年6月15日に起こった日米安全保障条約闘争の国会デモからちょうど50年を迎えた15日、シンポジウム「60年安保闘争の記録と記憶」が東京大学・安田講堂で行われ、社会学者で東京大学大学院人文社会系研究科教授の上野千鶴子氏、ノンフィクション作家・保阪正康氏、社会学者・小熊英二氏、ドキュメンタリー映画『ANPO』のリンダ・ホーグランド監督が参加した。会場は安保闘争をリアルタイムで体験した年配者のみならず、20歳代~30歳代の若い世代など約1,000人の観客で埋まった。

 イベントは、ホーグランド監督が、デモ参加中の6月15日に死亡した東大生・樺(かんば)美智子さん(当時22歳)の命日にあたるこの日に、映画を上映したいという熱意から実現したもの。米国ニューヨーク在住のホーグランド監督は、日本映画の英語字幕翻訳の第一人者としても知られ、子ども時代に愛媛や山口で暮らした日本ツウ。映画は、安保闘争を題材にした写真や絵画といったアートを切り口に戦後の日米関係のゆがみを振り返るもので、写真家・石内都氏、画家・中村宏氏、演出家・串田和美氏など約30人のインタビューが収められている。ホーグランド監督は「わたしは1960年について語る資格のない米国人ですが宣教師の両親のもとに日本で生まれ、日本映画にあこがれて翻訳の仕事に携わってきました。その中で、大島渚監督や今村昌平監督の作品を通して、1960年に国民が大きなトラウマを抱える事件があることに気付きました。あの成瀬巳喜男監督の作品も1960年を境にトーンが変わっている。そのときに濱谷浩氏の写真集「怒りと悲しみの記録」(※安保闘争の記録写真集)を紹介され、そのときの怒りや挫折から生まれたアートという文化遺産の存在を知りました。それらを通して日本人の主観的な体験を記録したい。米軍が駐留している苦痛や、日本に抵抗の歴史があったことをアートを通して世界に発信したいと思った」と語り、約15分のダイジェスト版を上映した。

 シンポジウムは上野氏の司会で「安保闘争は戦後最大の社会運動であり、失敗に終わった反政府運動から何を学ぶのか?」を中心に話し合われた。同志社大出身で当時、京都から国会前でのデモに参加したという保阪氏が体験談を交えつつ、「当時の人たちは安保条約の内容を詳しく知らなかった。しかし、なぜあれだけのデモになったかというと、新安保条約を強行採決した岸信介首相の存在があった。多くの人の戦争に対する嫌悪感が岸にかぶさり、『あの人が戦争の責任者であり、二度と戦争を起こさないためにもあの人の存在が問題なのだ』という意識が、人々が運動を起こすバネとなった」と分析。また保阪氏は著書
「六〇年安保闘争の真実」を発表しているが、「記録というものを父とし記憶を母として教訓という子どもを生む。それを育てていくのがわたしたち」と歴史の中で、安保闘争が起こった意義を振り返る必要性を説いた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 16日
  5. 加藤登紀子、政府にもの申す!「戦争に勝利・敗北はない」東京大学・安田講堂で安保熱く語る!