シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のスピンオフ映画、ロバート・ロドリゲスが監督?

『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のスピンオフ映画、ロバート・ロドリゲスが監督?
ロバート・ロドリゲス - Jeffrey Mayer / WireImage / Getty Images

 大ヒットシリーズ『X-MEN』のスピンオフ映画、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』に登場したデッドプールを主人公にした映画が製作されようとしている。

 業界紙プロダクション・ウィークリーやThe Playlistなど複数のメディアが伝えたところによると、ロバート・ロドリゲスが、『X-MEN』シリーズの新たなスピンオフ映画となる、新作『デッドプール』(原題)の監督をオファーされたとのこと。本作を製作する20世紀フォックスとロドリゲスは、『プレデターズ』でコンビを組んでおり、同作では監督ではなくプロデューサーとして作品に参加しているが、スタジオ側は彼の仕事ぶりを評価し、再び一緒に仕事をすることを希望していた。当初は、数年前から企画されている『猿の惑星』の前章にあたる、最新作『ライズ・オブ・ジ・エイプス』(原題)の監督をオファーしたが、ロドリゲスが断ったために、『デッドプール』(原題)での監督の座を提案したようだ。コミック好きのロドリゲスにとって、今回のオファーは魅力的であると考えられ、彼が承諾するか今後の動向を注目したい。

 『デッドプール』(原題)では、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』に続いてライアン・レイノルズがデッドプール役を演じることが決まっており、『ゾンビランド』のレット・リースとポール・ワーニックが脚本を執筆し、『X-MEN』シリーズを製作してきたローレン・シュラー・ドナーとマーヴェル・エンターテイメントがプロデュースする。

 ロドリゲスがプロデュースし、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『シュワルツェネッガー/プレデター』をリメイクした『プレデターズ』は、7月10日から日本公開される。エイドリアン・ブロディ、トファー・グレイス、ローレンス・フィッシュバーンが出演し、『アーマード 武装地帯』のニムロッド・アーントルが監督を務めている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 16日
  5. 『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のスピンオフ映画、ロバート・ロドリゲスが監督?