シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

サンダンス映画祭で、ワールド・シネマ審査員賞でグランプリ!17歳の少年が犯罪一家の一員に!

サンダンス映画祭で、ワールド・シネマ審査員賞でグランプリ!17歳の少年が犯罪一家の一員に!
左からジェームズ・フレッチェヴィル、ジャッキー・ウィーヴァー、デビッド・マイコッド - Photo:Nobuhiro Hosoki

 今年のサンダンス映画祭で、ワールド・シネマ審査員賞でグランプリを受賞した『アニマル・キングダム/ Animal Kingdom』(原題)について、デビッド・マイコッド監督、女優ジャッキー・ウィーヴァー、そして新人で主役を演じたジェームズ・フレッチェヴィルが語ってくれた。

 本作は、ある日母親の急死した、17歳の少年ジョシュア(ジェームズ・フレッチェヴィル)が、面識のなかった祖母に引き取られたが、それはメルボルンの暗黒街を牛耳る犯罪一家だったというストーリー。ジョシュアのもとに歩み寄る刑事(ガイ・ピアース)と、犯罪一家との心理戦が始まっていく。

 「キャラクター設定が多いから、1人1人を理解させるために、犯罪一家が犯した罪には触れなかったんだ」と話すマイコッド監督は、観客がジョシュアの視点で犯罪一家を追っていくように、脚本を構成していったのだという。

 孫を迎え入れる優しい祖母から、犯罪一家の母親としての2面性を持つ演技をしているジャッキー・ウィーヴァーは、「撮影に入る前に、私の友人に臨床心理学者の人がいて、反社会的な人の脳裏を勉強してみたの」と熱心に役づくりをしてことを明かした。異常なまでの優しさが、犯罪者である息子たちを横暴にする、心理戦の大きな鍵を握るキャラクターになっているそうだ。

 新人俳優ジェームズは、ハリウッドでも活躍するオーストラリア出身の俳優ガイ・ピアースについて、「アングルを変えて何度も撮影したシーンで、グラスを持つ指の位置が全く変わっていなかったんだよ!」と明かし、プロの演技を目の当たりにして驚嘆したようだった。

 マイコッド監督は、ナタリー・ポートマンとジョセフ・ゴードン=レヴィットが出演している『レベル / Rebel』(原題)の脚本にも携わっている、期待の俊英だ。(取材・文:細木信宏 Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 7月
  4. 3日
  5. サンダンス映画祭で、ワールド・シネマ審査員賞でグランプリ!17歳の少年が犯罪一家の一員に!