シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

テリー・ギリアム監督の悪夢再び? 『ドンキホーテを殺した男』撮影開始が延期

テリー・ギリアム監督の悪夢再び? 『ドンキホーテを殺した男』撮影開始が延期
少しの遅れとのことですが……。-テリー・ギリアム監督

 2002年のドキュメンタリー映画『ロスト・イン・ラ・マンチャ』で描かれたように、『ドンキホーテを殺した男』といえば、テリー・ギリアム監督が長年温めてきた未完の作品だ。今年9月に撮影が開始され、2011年に公開予定だった同作だが、どうやら撮影開始が延期になったようだ。

 イギリスのLSQ TVが、『トイ・ストーリー3』のイギリスプレミアに登場したギリアム監督に、『ドンキホーテを殺した男』の製作に関して質問したところ、予定より遅くなることを監督自身が明かした。「観客が作品をみるのは、当初、わたしが予定してた時期より少し遅くなるでしょう」とギリアム監督は説明し、忍耐力こそ映画製作の全てだと悟りをひらいたような表情で語った。

 インタビューでも、ギリアム監督は主演スターに関しては言葉を濁していたが、『ドンキホーテを殺した男』の撮影が延期されるのではとうわさされ始めたのは5月末からで、ジョニー・デップの代わりにトビー・グリソーニを演じることが決まっていたはずのユアン・マクレガーが、MTVのインタビューで、ギリアム監督と長年一緒に仕事をしたかったと話しながらも、『ドンキホーテを殺した男』の製作が再開されることを望んでいると、出演が確定ではないような発言をしていた。

 また、今月には、主演に決まっていたロバート・デュヴァルが、ビリー・ボブ・ソーントン脚本による、戦後を舞台にした人間ドラマの企画を進めていることがニューヨーク・タイムズ紙により明らかになっており、ロバートの出演も確定していないのではといわれていた。

 ギリアム監督の『ドンキホーテを殺した男』は、2000年に製作されたが、大洪水によるセットの被害、主演に決まっていたフランス人俳優ジャン・ロシュフォールの故障などで撮影が中断され、製作が暗礁に乗り上げていた。その後、脚本の権利の問題や資金難を乗り越えて、2010年に新キャストで製作が再開されることが決まった。製作再開に際して、ギリアム監督とトニー・グリソーニは脚本を手直しし、ドンキホーテ役にロバート・デュヴァル、ドンキホーテに従者と勘違いされるトビー・グリソーニ役にユアン・マクレガーが予定されていた。

 以前から、『ドンキホーテを殺した男』が未完であることについて、映画ファンの間では、「ギリアム監督の不運」や「ドンキホーテの呪い」であるといわれている。過去に、『ドン・キホーテ』を製作しようとした故オーソン・ウェルズも、資金難や度重なる撮影延期で作品を完成することが出来なかった。ギリアム監督には、ぜひともこの逆境に打ち勝ち、長年の夢である『ドンキホーテを殺した男』を完成させてほしいものだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 7月
  4. 28日
  5. テリー・ギリアム監督の悪夢再び? 『ドンキホーテを殺した男』撮影開始が延期