シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

北乃きい、夜はキャバ嬢、昼は花屋!二つの顔を持つ女で渡部篤郎との相性もバッチリ!!(1/2)

北乃きい、夜はキャバ嬢、昼は花屋!二つの顔を持つ女で渡部篤郎との相性もバッチリ!!
左から平川雄一朗監督、田中圭、香里奈、北乃きい、渡部篤郎

 13日、原宿のKDDIデザイニングスタジオで、映画『ラブコメ』完成報告会見&プレミア上映会が行われ、香里奈、北乃きい、田中圭、渡部篤郎、平川雄一朗監督が登壇した。

 この会見内では、香里奈演じる真紀恵、そして田中演じる美晴という二人のラブストーリーを描いた映画版『ラブコメ』の公開に先駆けて、携帯向け動画「Sweet 9 flowords~愛しい9の花言葉~」が配信されることが発表された。これは映画『ラブコメ』のプロローグとしての位置づけとなるドラマで、真紀恵と美晴の恋を応援する涼子(北乃)の視点を通じて、本作登場人物たちの映画とは違った側面を描き出している。ステージに登場した北乃は「この日を楽しみにしていました。この日を無事に迎えられてうれしいです」と笑顔であいさつ。昼間は花屋、夜はキャバクラ嬢という二つの顔を持つ涼子という役は、今まで北乃が演じた役の中でもずば抜けて明るく、お調子者で、しかしどこか憎めないかわいい女の子となっているが、「浮いているくらいがちょうどいいかなと思って、朝から音楽を聴いたり、わたしの大好きなアイスを食べたりしてテンションを上げていました。わたしが一番年下だったんですけれど、すごく温かい現場で、皆さんに優しくしてもらいました」とキュートな笑顔で撮影を振り返っていた。

 そして北乃演じる涼子が勤めるキャバクラの常連客で、バツイチの売れっ子声優である西島(渡部)とのラブストーリーがもう一つの物語の軸となるが、渡部は「恥ずかしかったです。まず北乃さんと話が合うかがわからない。とにかく彼女にどんどん引っ張ってもらいました」と半分ぼやきながら撮影を振り返ると、北乃が「だって最初に、僕のことを知っていますかと聞かれたんですから。そりゃ知っていますよ(笑)」と笑い合うほどに二人の相性はバッチリだった様子。その様子を見ていた平川監督も「原作のテンションが非常に高かったのでそれを大事にしたいと思いました。香里奈さんと田中さん、それから渡部さんと北乃さんの恋愛の話なんですが、それぞれの空気感がすごく良かったので、そういうテンションを大切にしました」とコメントする通り、観る人をハッピーにするようなコミカルで温かなラブストーリーに注目したい。

 本作は、松久淳と田中渉が共同執筆した小説を、映画『ROOKIES -卒業-』の平川雄一朗監督が映画化したラブコメディー。男勝りで豪快な生花店店長(香里奈)と、草食系男子のアニメ脚本家(田中)との不器用でもどかしい恋愛模様を生き生きと描く。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 北乃きい 佐野和真と路チュー 画像はコレだ!! from エリカの日記 (2010年9月15日 9時35分)
    フライデーされた北乃きいさん ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 9月
  4. 15日
  5. 北乃きい、夜はキャバ嬢、昼は花屋!二つの顔を持つ女で渡部篤郎との相性もバッチリ!!