シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

クリント・イーストウッドがニューヨーク映画祭に登場!100歳を過ぎても監督を続けていたい!(1/2)

クリント・イーストウッドがニューヨーク映画祭に登場!100歳を過ぎても監督を続けていたい!
左からセシル・ドゥ・フランス、マット・デイモン、クリント・イーストウッド、ブライス・ダラス・ハワード、ピーター・モーガン

 今年のニューヨーク映画祭のクロージングナイトを飾るクリント・イーストウッドの新作『ヒアアフター / Hereafter』(原題)が上映され、その記者会見に監督クリント・イーストウッド、主演マット・デイモン、共演者ブライス・ダラス・ハワード、セシル・ドゥ・フランス、そして脚本家ピーター・モーガンが登壇した。

 同作は、過去に死者と語ることのできるサイキックとして活動していたジョージ(マット・デイモン)は、現在はある工場の作業員として働いていた。ある日、兄の勧めで再びサイキックを始めるように仕向けられるが、ジョージはそれを断念してロンドンに旅に出る。そして、そこで思いがけない人たちと出会うことになる……。2004年のスマトラ島沖地震や、2005年のロンドンの地下鉄の爆弾テロなど実際に起きた事件を交錯させながら語られるスピリチュアル・スリラー作品。ブライス・ダラス・ハワードは、ジョージに恋心を抱く女性、セシル・ドゥ・フランスは、スマトラ島の大津波で臨死体験をしたフランスのテレビ・ジャーナリストを演じている。

 製作までの過程について「あるとき、30代半ばの女性が、自分の妹をがんで亡くしたことを記した本を読んだんだ。その本では、彼女はなんとかして亡くなった妹とのコネクションを図ろうと、ジャーナリストとして死後の世界を研究し始めていくというものだった。わたしはその内容に感動し、影響を受けて、それから3つのストーリーに分かれたこの脚本を構成することになったんだ」と話した脚本家ピーター・モーガンだが、その脚本の執筆後に彼のエージェントが代わってしまい、その脚本はしばらく保留されたままだったらしい。ところが新しいエージェントが、その脚本をスピルバーグ(正確には、彼のプロデューサー、キャスリーン・ケネディが最初だが)に送り、当時パラマウント・ピクチャーズとの折り合いが上手くいっていなかったドリームワークスでは製作できないと判断したスピルバーグが、さらにワーナー・ブラザーズのもとで製作してきたクリント・イーストウッドに、この作品を委ねたそうだ。

 映画内の大津波のシークエンスについて、クリント・イーストウッドは「津波のシーンは、本当に大変だった。大きなホースを使ったり、何千ガロンもの水を道に流したり、さらに最も難しいとされる水の映像をCGで描くことにもなった。CGは、僕の作品をほとんど手掛けてきたスペシャル・エフェクトのスーパーバイザーであるマイケル・オーエンズと、どの箇所にCGが必要なのか相談しながら製作したんだ。撮影は、マウイ島ラハイナのフロントストリートや、その周りの海、そしてロンドンセットのウォータータンクに、セシル・ドゥ・フランスに9時間も水につかってもらいながら撮影をしたんだよ」と綿密に計画をして撮影したことを明らかにした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 13日
  5. クリント・イーストウッドがニューヨーク映画祭に登場!100歳を過ぎても監督を続けていたい!