シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

西島秀俊、殴られた回数1,000回以上!体重5キロ減、体脂肪率一桁で挑んだ新境地!

西島秀俊、殴られた回数1,000回以上!体重5キロ減、体脂肪率一桁で挑んだ新境地!
見よ!この西島秀俊の殴られ顔! - 映画『CUT』(原題)より

 常盤貴子が13年ぶりのショートヘアを披露していることでも話題の新作映画『CUT』(原題)の撮影現場が20日、マスコミに公開され、主人公を演じる西島秀俊がインタビューに応じた。西島は、リアリティーが重んじられた演出に「本物」が表現できたと自信をのぞかせた。

 西島が演じる主人公・秀二は、兄からお金を借りて映画を製作するが、商業映画としては劇場に相手にされない映画監督。その兄が亡くなったことで、ヤクザから多額の借金をしていてくれたことを知り、自分を責めながらも「殴られ屋」で借金返済をするという役どころだ。本作で西島は、「特殊メイクさんもここまでやったことがないと言っていた」というほどボコボコに殴られている。

 撮影全体を通して殴られた回数は、何と1,000回以上を数えるといい、「僕は秀二以上に殴られていますよ(笑)」と西島はユーモアを交えて明かしたが、その役づくりの苦労は計り知れない。「実際にパンチが入ると思っていたので、体は相当鍛えました」と本人が語る通り、標準体重からマイナス5キロ、体脂肪率は一桁まで絞って役に挑んでいる。

 殴られるシーンの本番での様子を西島は、「関わった役者全員が集中し、カットの声が聞こえないくらいうわーっと高揚したテンションで、パニック状態みたいになって本当にすごかった」と現場の臨場感たっぷりに明かす。また、「美術さんが本当に硬い壁を用意してくれたこともあり、フリではなく、本当の暴力を表現できた。皆さん、きっと驚くと思いますよ」と西島は作品の完成度の高さに自信をのぞかせた。リアリティーを求められ、「ここまで役に集中したこともない」と告白した西島。まさに本作は、彼の新境地を切り開いた作品といえるだろう。

 『CUT』(原題)は、西島と親交のあった名匠アミール・ナデリがメガホンを取り、一緒に映画を作ることを約束した二人の夢が実現した作品。昨今の商業映画に疑問を呈しながらも、日本を舞台に、一人の男を通して、日常のささやかな幸せを描き出す物語だ。

映画『CUT』(原題)は2011年公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • CUT/映画を愛する俺だから、映画のためには痛みさえ from 映画感想 * FRAGILE (2011年12月20日 12時25分)
    CUT監督:アミール・ナデリ/2011年/日本 シネフィルが借金返済のために殴られ屋になります。 日本映画ですが、監督のアミール・ナデリはイラン人です。キャストは、西島秀俊、常盤貴子、菅田俊、でんでん、笹野高史など。ちなみに台詞が一番聞き取りやすかったのは笹野高史でした。おじいちゃん! あらすじ:シネフィルが借金返済のために殴られ屋になります。 お話はほんとこれだけなんです。ささやかに映画上映会を開催し、拡声器で映画の素晴らしさについて街の人に訴えたりしている秀二(西島秀俊)は、死んでしまっ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 21日
  5. 西島秀俊、殴られた回数1,000回以上!体重5キロ減、体脂肪率一桁で挑んだ新境地!