シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

新作ではストリッパー役!『トワイライト』のクリステン・スチュワートが熱く語る

新作ではストリッパー役!『トワイライト』のクリステン・スチュワートが熱く語る
なんだか色っぽいストリッパーです-クリステン・スチュワート - Jordan Strauss / WireImage / Getty Imags

 映画『トワイライト』シリーズでベラ・スワン役を演じて人気を博したクリステン・スチュワートが、ストリッパー役に挑戦した新作『ウェルカム・トゥ・ザ・ライリーズ /Welcome to the Rileys』(原題)について、共演者のジェームズ・ガンドルフィーニ、メリッサ・レオと共に語った。

 同作は、娘の事故死により妻(メリッサ・レオ)と疎遠になったダグ(ジェームズ・ガンドルフィーニ)が、仕事でニューオーリンズを訪れた際に、亡くなった娘とよく似た少女マロリー(クリステン・スチュワート)と出会う。そこでダグは、ストリッパーをしながら、売春で生計を立てているマロリーを救おうと、セックスなしという条件で、1日100ドルをマロリーに払い、彼女の家に住み込みながらマロリーを更生させようとするが……。

 ストリッパー役についてクリステンは「リハーサルの段階で、ポールダンスをしていた時にあざができてしまい、実際にわたしがポールダンスをしているシーンは、シルエットでしか使えなくなってしまったの。その時に、危険が伴う仕事だと思ったわ。さらにほかのシーンでは、バスローブとフィッシュネット(タイツ)だけを着て、ニューオーリンズの街を歩くシーンがあって、それは意外にもそんなに怖くはなかったけれど、もしこの役をもっと若い時に演じていたら、きっと恥ずかしくてこんなことはできなかったと思うの」と語ったように、映画内では『トワイライト』シリーズのイメージをかなり覆す役に挑戦している。

 妻と疎遠になっているダグを演じたジェームズ・ガンドルフィーニは、「ダグの現在は、彼の望んだ状態になっていない。そのため、昔の状態に戻ろうとして、ニューオーリンズに住むことを突如決意するんだ。多くの人は、そういう状態に陥っても、社会のしがらみや家族のために、その場を離れることができない。だがダグは、この機会を利用して自分を見つめ直すんだよ」と自身の役柄について語った。ジェームズは、この役を演じるためにインディアナ州南部のアクセントを学んだそうだ。

 また、ニューオーリンズでの撮影について「1か月半のこの映画の撮影を終えた後に、テレビシリーズ「トレメイ / Toreme」(原題)(ニューオーリンズが舞台のドラマ)に出演して、再びニューオーリンズを訪れることができたの。その時に、ようやく街並を観ることができたわ。なぜなら、この映画でわたしが演じた役は、これまで一度もニューオーリンズに来たことのない設定で、ようやくニューオーリンズに来ても、彼女にとっては特に気に入った場所ではなかったの。だから撮影中は、(役のために)ほとんどホテルに泊まり込んだまま。たまに食品を買いに行ったりする時だけ、外に出ていたの」と答えたメリッサ・レオは、2度目にニューオーリンズを訪れた時に、ようやくいろいろ観光ができたそうだ。

 撮影は、俳優同士がまるで実際の家族のような雰囲気で行われたそうで、映画内ではそれぞれが迫真の演技を見せている。ちなみに、この映画のメガホンを取ったのは、映画『アメリカン・ギャングスター』『ロビンフッド』のリドリー・スコット監督の息子、ジェイク・スコットである。(取材・文:細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 22日
  5. 新作ではストリッパー役!『トワイライト』のクリステン・スチュワートが熱く語る