シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

加藤雅也、楽屋ではいやらしいバスローブ姿!男ばかりの現場で暴露トークさく裂!

加藤雅也、楽屋ではいやらしいバスローブ姿!男ばかりの現場で暴露トークさく裂!
仲の良さが伝わってくる4人-住谷正樹、三浦翔平、加藤雅也、西島隆弘

 20日、青山劇場にて舞台「SAMURAI7」のリハーサルが公開され、主演の三浦翔平をはじめ西島隆弘(AAA)、住谷正樹(レイザーラモンHG)、加藤雅也らがリハーサル後に取材に応じ、和気あいあいとしたメンズトークを繰り広げた。

 本作は、世界中に多大なる影響を与えた黒澤明監督の名作映画『七人の侍』を基に、アニメーション会社GONZOが制作したアニメ「SAMURAI7」の舞台版で、2008年の初演から一部キャストを入れ替えての再演となる。紆余曲折(うよきょくせつ)を経て集まった個性豊かな七人の侍が、哀れな農民たちのために命を懸けて剣を振るう物語だ。

 リハーサル終了後、出演者たちがマスコミの前に姿を現すと、本作が初舞台・初主演となる三浦は「どうでしたか?」と報道陣に問い掛け、その反応に興味津々な様子。本作では、戦場で「サムライ」へと成長していく若者・カツシロウ役を熱演しており「最初はプレッシャーもあったんですけど、けいこをしていくうちにだんだん役もつかめてきて、今は本番を前にワクワクしています」と初舞台ならではの苦労をにじませながらも武者ぶるいをしてみせた。

 そんな三浦について西島は初々しかった練習風景を明かし「照明の立ち位置を確認していて、加藤さんに照明が当たっているとき、『かっけえな、かっけえね』ってずっと言っていて、かわいいなって思いましたね」と暴露。「加藤さんかっこいいもん」と三浦が反論すると、西島に「自分にも(照明は)当たってるの」と諭されて笑いをこぼす場面も。

 さらに男ばかりの楽屋の話題になるとメンズトークがさく裂。「皆さん気を抜いてパンツ1枚で動いてますよね?」と住谷があおると、どこからともなく「加藤さんはいやらしいバスローブ姿です」との声が上がり、今度は加藤も照れ笑い。三浦はそんな加藤から「黒のバスローブをいただきました」とのことで、加藤の大人の魅力にすっかり包まれてしまった様子だった。

 最後には住谷のHGネタに絡めて「サムライ7ぜひ見に来てください、フォー!」と4人そろって締め、本作をアピールした。

舞台「SAMURAI7」は11月20日から12月5日まで青山劇場にて上演中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 22日
  5. 加藤雅也、楽屋ではいやらしいバスローブ姿!男ばかりの現場で暴露トークさく裂!