シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

キムタク『ヤマト』が見事首位発進!【映画週末興行成績】(1/2)

キムタク『ヤマト』が見事首位発進!
「ヤマト、発進!」-映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』より - (C) 2010 SPACE BATTLESHIP ヤマト 製作委員会

 1974年に放送された原作テレビアニメには熱狂的なファンが多いため、木村拓哉主演の実写映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』には公開前から賛否両論の嵐が起こり、まさにリスキーな企画と思われたが、ふたを開けてみれば、今週の興行ランキングで見事首位を獲得した。土日2日間の成績は、全国440スクリーンの公開で、動員が41万2,129人、興収が5億2,821万5,150円を記録した。また、1日から5日までの5日間の累計動員は79万1,012人、累計興収が9億4,399万5,550円という結果になっている。

 土日のみならず、平日の成績が好調だったのは、初日となる12月1日が入場料1,000円になる「映画の日」に重なったことも大きかった。また、連日のように、出演者の木村拓哉や黒木メイサらがテレビ、雑誌、ラジオなどに大量露出したことも「今、観るべき映画」として本作の認知度を高めることにつながったようだ。アクション・SF映画は女性にアピールしづらいと言われるが、本作は木村主演ということもあり、観客の約半数が女性客。アニメファンなどの男性客も合わせて幅広い客層に訴求する作品となっている。この好発進により、配給元の東宝は「興収50億円以上が見込める」とコメント。まさに冬興行をけん引する一本になりそうだ。

 その結果、2週連続で首位を独走していた映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』は2位にランクダウン。そして週刊少年ジャンプで連載中のコミックをアニメ化した人気シリーズ第4弾『劇場版 BLEACH ブリーチ 地獄篇』が3位に初登場。全国233スクリーンの公開で、土日2日間の成績は、動員17万1,542人、興収1億9,914万7,100円となった。客層は中高生が中心だが、20代の支持も高かった。鑑賞の動機としては、「原作コミックのファンだから」が35.1%、「TVシリーズのファンだから」が17.5%、そして「劇場入場者限定コミックが欲しい」が17.2%という結果になった。この全国先着100万名に配られる劇場入場者限定コミック「BLEACH OFFICIAL INVITATION BOOK The Hell Verse」は、本作と連動したオリジナルストーリーを掲載したアイテムで、ファンのハートをガッチリとつかんだ模様。4作目にしてシリーズ最高の出足となった。

 続いて、作品の舞台である石川県の6劇場で先週先行公開され、11位に食い込んだ映画『武士の家計簿』が今週は6ランクアップで4位にベストテン入り。全国239スクリーンで公開された本作の土日2日間の成績は、動員が13万1,223人、興収1億4,783万1,600円の大ヒットスタート。客層はシニア中心だが、ファミリーや若いカップルまで幅広く集客。時代劇作品が豊作だった秋興行のいきおいがそのまま本作の好調さにつながっているようだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • space battleship ヤマト レビュー from ポーンの気になるもの (2010年12月9日 21時40分)
    宇宙戦艦ヤマトの実写版映画「space battleship ヤマト」のネタバレやレビューが結構増えてきたね。 テレビではキムタクが番宣頑張ってるみたいで興業成績は好調みたいだけど。 バンダイ 1/500 宇宙戦艦ヤマト プラモデル(Y3388) レビューを見てみるとヤマト世代の中高… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 木村拓哉 映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の評判はいかに? from ニュースブログ (2010年12月8日 21時38分)
    木村拓哉が主演した映画、 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」が公開しましたね。 公開前から宣伝に忙しかったですね。 正直うんざりした人も多かったのでは? そのわけを HEROの頃なら、何もしなくても 話題になっていたのに・・・時代って酷ですよね。 今まで十分すぎるぐ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 木村拓哉 映画「ヤマト」の番組宣伝が必死すぎるwww from 栄作のひとり言 (2010年12月8日 21時28分)
    最近、坂道を転がり続けている感が強い木村拓哉。 キムタクといえば、人気はもとより、 芸能界の至宝!それは今は昔の話のようです・・・。 最期の喝采 製作のTBSだけでなく、 日テレ、フジ、テレ朝の番組まで見境なく出演。 公開前からヤマトの番宣・・・。 もううんざりするぐらいw その様子はバナナの叩き売りのようだとか。 それほどがんばっても、興行収入は40億円程度。 総製作費が20億円だから、プラスといえばプラスですが、 HEROの時の半分程度だとか。 一番の原因は、作品の優劣より、 キムタク ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 8日
  5. キムタク『ヤマト』が見事首位発進!