シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

激やせ、脱毛でハゲ!クリスチャン・ベイル激変!監督明かす(1/2)

激やせ、脱毛でハゲ!クリスチャン・ベイル激変!監督明かす
作品の魅力を語ったデヴィッド・O・ラッセル監督

 映画『スリー・キングス』や『ハッカビーズ』など個性的な作品を制作してきたデヴィッド・O・ラッセル監督が、マーク・ウォールバーグを主演にしたアカデミー賞作品賞候補の新作『ザ・ファイター(原題) / The Fighter』について語った。

 同作は、実在する元プロボクサーのミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ)と、かつてはシュガー・レイ・レナードと戦った実力派のボクサーだったが、ドラッグに溺れて犯罪に手を染めて刑務所送りとなってしまった異父兄ディッキー・エクランド(クリスチャン・ベイル)との兄弟愛を描いた作品。鍛え上げられた体で、激しいボクシングを見せるマーク・ウォールバーグと、この役のために激やせして、さらに髪の毛まで抜いてチャレンジしたクリスチャン・ベイルの演技が魅力の作品だ。

 製作経緯について、デヴィッドは「主人公のミッキーの家族は、髪をブロンドに染めた7人の娘たちと、2人のファイターとなった息子たちがいる家族構成で、彼らの会話は生々しくて面白くてリアルなんだ。だから、これだけ個性的なキャラクターがいることで、これまで観たことのないボクシング映画ができると思ったんだ」と語った。ちなみに、一時期、映画『レクイエム・フォー・ドリーム』を監督したダーレン・アロノフスキーが今作を監督する予定だったそうだが、彼が映画『レスラー』を制作したために降板して、代わりにデヴィッドがメガホンを取ったそうだ。

 ミッキー・ウォードを演じたマーク・ウォールバーグについて「彼は、この映画の舞台であるマサチューセッツ州の出身で、家族もこの映画と同じように9人兄弟がいる。それに、彼の兄ドニー・ウォールバーグはマークより先に芸能界に入っていた。つまりフィールド(分野)は違うが、実在するミッキーとすごく育った環境が似ているんだよ。実際のミッキーは兄のディッキーとは違い、規律を守ってトレーニングするタイプだったんだ」と述べたデヴィッドは、マークは名優スペンサー・トレイシーやジェームズ・キャグニーのように、映画に真実味を与える良い役者だと評価している。

 ディッキー・エクランドを演じたクリスチャン・ベイルについては「彼は完璧にディッキーになりきってくれたよ! 髪を抜いてハゲにして、激ヤセしてみせてくれた! 普段の彼は非常に物静かでプライベートな人物だが、この役ディッキーは黙っていることができないような口うるさい男で、彼とは対照的な人物なんだ。そんなディッキー役を演じるために、彼は歯並びまで変えてくれたんだ」と彼の変貌ぶりに驚いたそうだ。実は、このディッキー役は一時期、ブラッド・ピットにオファーされていたらしいが、この映画を観ればクリスチャンが適役であったことがわかる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 21日
  5. 激やせ、脱毛でハゲ!クリスチャン・ベイル激変!監督明かす