シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『あしたのジョー』段平だらけの会場内に山ピー、伊勢谷もビックリ!!「山ピーと呼んでいいよ」に会場はキャーキャー!!

『あしたのジョー』段平だらけの会場内に山ピー、伊勢谷もビックリ!!「山ピーと呼んでいいよ」に会場はキャーキャー!!
段平だらけの観客にビックリ!! -伊勢谷友介

 19日、TOHOシネマズ錦糸町で、映画『あしたのジョー』東京下町凱旋舞台あいさつが行われ、山下智久、伊勢谷友介、曽利文彦監督がジョーを育てた下町の映画館に“凱旋”した。

 2月11日に初日を迎え、若者・女性層に絶大な支持を集め、大ヒットスタートを飾った本作。そのうえ、海外配給も決定したということで、プロボクサー・矢吹丈を育てた下町の映画館であるTOHOシネマズ錦糸町にジョーと力石が降臨。大ヒット御礼の舞台あいさつを行うことになった。トレーナーである丹下段平に支えられたジョーにとって、段平こそがジョーの心のふるさとということで、会場に集まった400名強の観客が左目にアイパッチを付けて、段平風にお出迎え。それを聞かされていなかった伊勢谷は、“段平だらけ”の会場に思わず「何ですか!?」と目をパチクリ。一方の山下は「あまりにもたくさんいすぎて、タモリさんみたい」と笑顔で会場の観客に呼びかけていた。そんな山下にとって、錦糸町は学生時代の思い出の地らしく、「錦糸町から、いつも総武線で学校に通っていました。猿江公園でよく遊んでいました。錦糸町の映画館にもよく通っていました。ここの映画館に立つなんて思いもしなかったです」と地元愛を織り交ぜたトークをさく裂させた。

 そしてこの日はもうひとつのサプライズ。本作の舞台であるドヤ街で、山下と共演した子役が花束贈呈するために登場したのだ。山下の印象を聞かれた子どもたちは「抱っこされました」「お腹を触ってみたら硬かった」「撮影が終わっていたのにいつも腹筋をしていました」と会場に集まった山下ファンもうらやむようなコメントを続々と発信。しかし、もっとも会場を沸かせたのが「お母さんから、山下さんと呼びなさいと言われたんですけど、間違えて山ピーと呼んでしまったら、山ピーと呼んでいいよと言われました」とコメント。あまりにも男前な山下とのエピソードに、思わずキャーキャーしてしまった会場内だった。

 本作は、昭和40年代に社会現象を巻き起こし、戦後最大のヒット作に数えられるボクシング漫画「あしたのジョー」を実写映画化。矢吹丈が運命のライバル・力石徹と出会い、やがてリング上で雌雄を決するまでを最新CG技術も駆使して活写する。台湾、マカオ、タイ、シンガポール、マレーシア、ブルネイ、インドネシア、フランスという9つの国と地域で配給が決定。さらにアメリカ、スペイン、メキシコ、ロシアなど17の国と地域が本作に興味を持ち、さらなる世界配給に向けて交渉中だとのこと。

映画『あしたのジョー』は全国東宝系にて公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 19日
  5. 『あしたのジョー』段平だらけの会場内に山ピー、伊勢谷もビックリ!!「山ピーと呼んでいいよ」に会場はキャーキャー!!