シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

車上荒らし被害にあったワッキー、自虐ネタ&ウザキャラ連発で会場をわかせる!?

車上荒らし被害にあったワッキー、自虐ネタ&ウザキャラ連発で会場をわかせる!?
車上荒らしでネタ帳も盗られた!? -ワッキー

 20日、人気アニメ「遊☆戯☆王」の新シリーズとなる「遊☆戯☆王ZEXAL(ゼアル)」の制作発表記者会見がワーナー・マイカル・シネマズみなとみらいにて行われ、宣伝部長のお笑いコンビ・ペナルティ(ワッキー・ヒデ)と主題歌担当のmihimaru GT(hiroko・miyake)、出演者の声優の畠中祐、入野自由、増田俊樹、小松未可子が登壇した。ワッキーは先日被害にあった車上荒らしをネタにしつつ、相変わらずのウザキャラで会場を笑わせた。

 「遊☆戯☆王」といえば、主人公である九十九遊馬の「かっとビング」という口ぐせがおなじみだ。この「かっとビング」について、ヒデは「かっとビングとは『かっとぶ』の現在進行形。無理だと思ったときでも諦めずに立ち向かうのがかっとビング。失敗を恐れずに立ち向かう気持ちを、番組を通じて伝えていきたいです」と会場に集まった子どもたちにアピールする。これを笑顔で聞いていたワッキーだが、突然ヒデから「かっとビングなギャグを見せてください」とムチャぶりをされると大慌て。「車上荒らしでネタ帳も盗られてしまったので、ネタがゼロなんです……」と先日被害にあった車上荒らしに触れて拒もうとするも、結局は芝刈り機のギャグを披露(ひろう)。「かっとビングじゃなくてカッティングのギャグじゃねえか! 皆さんの記憶からもカッティングしてください」とヒデに痛烈に突っ込まれていた。

 また本作から九十九遊馬役の声優を務める高校一年生の畠中が、「小学一年生のころから遊戯王を知っています。主題歌が流れているときはワクワクしていました」と喜びのコメントをすると、「好きなアニメの主人公を演じられるって嬉しいよね。僕らの世代でいうと『ど根性ガエル』ですかね」とワッキーが口を挟む。さらに「遊戯王のカードゲームでずっと遊んでいたのでかなりの種類を持っています。そんな作品に携われて光栄」とコメントした入野に対しても「僕らの世代でいうプロ野球カードですかね?」とジェネレーションギャップネタを連発し、「ジャマするなら帰ってもらっていいですか?」と相方のヒデにあしらわれていたワッキーだった。

 「遊☆戯☆王ZEXAL(ゼアル)」は、デュエル・チャンピオンを目指す九十九遊馬の元に異世界人・アストラルが現れ、失われたアストラルの記憶「ナンバーズ・カード」を取り戻すため物語が展開されていく。

アニメ「遊☆戯☆王ZEXAL(ゼアル)」は、テレビ東京系列にて4月11日より毎週月曜19時30分~、BSジャパンでは4月16日より毎週土曜18時30~放送開始


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 20日
  5. 車上荒らし被害にあったワッキー、自虐ネタ&ウザキャラ連発で会場をわかせる!?