シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

中川翔子、ディズニー50作目のヒロインに大変身!念願かなって「ビッグバンハピネス」と喜び大爆発!!

中川翔子、ディズニー50作目のヒロインに大変身!念願かなって「ビッグバンハピネス」と喜び大爆発!!
実写版ヒロインにもなれそう!?ラプンツェル姿のしょこたん

 ディズニー長編アニメ50作目となる映画『塔の上のラプンツェル』の3Dプレミア試写会が2日、東京・お台場シネマメディアージュで行われ、主人公・ラプンツェルの日本語吹き替えを担当したタレントの中川翔子が、ラプンツェルを思わせるドレスに身を包み、可憐(かれん)に登場した。

 生まれてから18年間もの間、高い塔の上に幽閉されていたラプンツェルが、塔に逃げ込んできた泥棒に導かれて初めて飛び出す外の世界で、恋に冒険にとさまざまな経験をする本作。この日は、人々の願いが込められた無数の“灯り”をラプンツェルが目撃するという劇中のクライマックスシーンが会場内に再現された。

 幻想的な会場の雰囲気に、中川は「まるで映画の中にいる気分。わたしもラプンツェルと同じ衣装を着ることができて、夢のような一日」とうっとりした様子。劇中の「今日は人生最高の日になるのよ」というラプンツェルのセリフを引き合いに、「念願かなって、ビッグバンハピネス!!」としょこたん流に喜びを大爆発させた。そして、ディズニー50作目の節目を迎える本作について「ラプンツェルは自分で夢をつかむ女の子。その力強さがこれからの時代を引っ張っていくと思う」と熱っぽくアピールした。

 3Dプレミア試写会のレッドカーペットには、じょんて・もーにんぐ(振付師)、宮坂絵美里(2009年ミス・ユニバース・ジャパン代表)、SKE48の木崎ゆりあ、小木曽汐莉、高柳明音、金子栞、女優の田丸麻紀に剛力彩芽、モデルの土屋巴瑞季らが出席。同じくレッドカーペットに招待されていた、お笑い芸人の椿鬼奴は「(趣味の)パチンコの話はなるべく避けるように」とディズニー側からお達しがあったといい、「もし“灯り”に願いをこめるなら、ビールののどごしと引き換えに失った声が出るようになれば……」と笑いを誘っていた。

 映画『塔の上のラプンツェル』は、“髪長姫”としても知られるグリム童話のヒロイン・ラプンツェルが、自身の殻を破り、勇気と好奇心を持って新しい世界へ飛び出す姿を描く感動アドベンチャー。グリム童話から誕生した、まったく新しい物語で、映画『ボルト』のバイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同監督を務め、ウォルト・ディズニー生誕110周年にあたる今年、ついに日本で公開される。

映画『塔の上のラプンツェル』は2011年3月12日全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 3月
  4. 2日
  5. 中川翔子、ディズニー50作目のヒロインに大変身!念願かなって「ビッグバンハピネス」と喜び大爆発!!