シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

日本では公開延期の『世界侵略:ロサンゼルス決戦』が土日で30億円超の好成績 -3月14日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

日本では公開延期の『世界侵略:ロサンゼルス決戦』が土日で30億円超の好成績 -3月14日版
今週第1位の映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』

 先週末アメリカでは、テレビで絶え間なく報道される東北地方太平洋沖地震のニュースを見て心を痛める人々が無数にいたが、映画館の客足は衰えを見せず新作映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』が3,557万ドル(約30億2,345万円)の収益を上げて全米ナンバーワンとなった。(1ドル85円計算)

 3,417館・推定4,700スクリーンで公開されたこのSFアクション映画は、最近の類似ジャンル映画『スカイライン-征服-』に比べると、快調な滑り出しを見せた。映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』をほうふつさせる手持ちカメラ手法で撮影されており、もしこの作品が3D映画だったら酔ってしまう観客が続出したに違いない。配給会社ソニー・ピクチャーズの調べによると『世界侵略:ロサンゼルス決戦』の客層は、男性客が圧倒的に多く68パーセント、年齢層は25歳以上が55パーセントと発表されている。

 第2位は、先週の第1位から転落した映画『ランゴ』。40.6パーセントの降下率で2,260万ドル(19億2,100万円)の収益で、封切り後10日で6,821万ドル(約57億9,785万円)の総合収益となっている。

 大金をかけたPR作戦にもかかわらず初登場で第3位に甘んじたのは、映画『レッド・ライディング・フッド(原題)/Red Riding Hood』で1,401万ドル(約11億9,085万円)。映画『トワイライト』シリーズ第1作目の監督で大ヒットを飛ばしたキャサリン・ハードウィックが、吸血鬼ではなく今度はオオカミ男が出てくるこの作品でも監督を務めたが、結果はイマイチ。去年公開されたベニチオ・デル・トロがオオカミ男を演じた映画『ウルフマン』も合わせて、過去の狼男ものは吸血鬼ものに比べると興行収入がイマひとつなことから判断すると、人々はバンパイアの方に魅力を感じるようである。

 今週第4位は、全体的にどうも芳しくないマット・デイモン主演の映画『アジャストメント』で1,160万ドル(約9億8,600万円)。先週の第2位から45.2パーセントもの後退で、10日間での総合売り上げは元気のない3,860万ドル(約32億8,100万円)となっている。

 第5位は、こちらも大きな期待をしょってのデビューだったのにもかかわらずトップ3にすら食い込めなかったアニメ映画『少年マイロの火星冒険記 3D』で691万ドル(約5億8,735万円)。かたやヒット作となった映画『ノメオ・アンド・ジュリエット(原題)/Gnomeo and Juliet』が得たデビュー週末興行収入の4分の1強の収益だったということで、3D作品であることそして3,117館・約4,400スクリーンでの大型公開だったことを考えると、これはもうあちこちの業界紙で「最悪な結果!」などと書きたてられても仕方ない状況である。『少年マイロの火星冒険記 3D』は、去年公開された映画『アルファ・アンド・オメガ(原題)/Alpha and Omega』が保持していた3Dアニメの最低デビュー記録を更新して、ワースト3Dアニメ映画の歴代第1位となってしまった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 世界侵略:ロサンゼルス決戦 from 東京ひとり暮らし@都会指数25% (2011年11月1日 20時27分)
    前置きも無くいきなりのっけから、異星人来襲というか世界各地に隕石が降り注ぐ騒ぎのシーンから始まります。 そしてシーンが変わり時間もさかのぼって、ロサンジェルスの平和な海... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 3月
  4. 20日
  5. 日本では公開延期の『世界侵略:ロサンゼルス決戦』が土日で30億円超の好成績 -3月14日版