シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

臼田あさ美、初のバイオレンスに体当たり演技!大森南朋と初共演 24歳・福島出身・期待の新人監督のデビュー作に出演

臼田あさ美、初のバイオレンスに体当たり演技!大森南朋と初共演 24歳・福島出身・期待の新人監督のデビュー作に出演
大森南朋、臼田あさ美

 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、昨年グランプリを受賞した24歳の新人監督、奥田庸介の劇場デビュー作映画『東京プレイボーイクラブ』が大森南朋を主演、臼田あさ美をヒロインに迎えて製作されることが決定した。

 本作は東京のアンダーグランドを舞台に、迫力のある映像と、エッジの効いたバイオレンスとユーモアで描き出す、“仁義なき戦い”が繰り広げられる物語だ。ヒロインを演じる臼田あさ美は、特に何をするでもなく毎日だらだらと惰性で生きている自分に嫌気がさしている女を演じる。初のバイオレンスアクションにも挑戦、その体当たり演技に注目だ。臼田にとっても約1年ぶりの映画となるが、「久しぶりの映画なので、溜まっていた映画熱に火がついたような気持ちになりました。とにかくうれしかったです。監督の期待に応えられるように頑張ります。撮影に入れば、嫌でもあの緊張感や不安感がやってくるでしょう。でも楽しみたい。大森さんと光石さんも一緒なら大丈夫、という気持ちです。お二人は、わたしにとっては映画の中の人なので、現場で会えるということをとても楽しみにしています」と期待に胸を膨らませていることを明かした。

 奥田庸介監督は、犬童一心監督、山下敦弘監督らを輩出してきたゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、昨年グランプリを受賞。審査員長であるジョニー・トウ監督はじめ、審査員に絶賛された期待の24歳。そんな奥田監督の故郷は被災地である福島で、実家の豆腐工場などが被害を受けたという。

 奥田監督は、故郷を思い、「正直今このタイミングで映画を撮るのは大変です。だけどわたしの親父はそんな大変な所をみじんも見せないで、『お前は映画に集中しろ』とぶっきらぼうに言い放ちました。漢・奥田庸介、覚悟を決めるときだと思いました。貧乏な日暮らしのわたしには募金とかできないけど、故郷に錦を飾り、親のため、何より愛するふるさと福島のためにも皆さんの元気を取り戻せる様な大傑作を叩きつけなければならない、それが宿命だと確信しています」と覚悟を語った。(編集部・下村麻美)

 場末のラウンジ「東京プレイボーイクラブ」で働く男と、その男とつき合う女がとんでもないトラブルに巻き込まれ予期せぬ結末へと進んでいく怒濤の展開は、映画ファンをもうならせる、新人監督の作品とは思えない完成度の高い映画だ。

『東京プレイボーイクラブ』は4月よりクランクイン、2011年冬公開に予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 14日
  5. 臼田あさ美、初のバイオレンスに体当たり演技!大森南朋と初共演 24歳・福島出身・期待の新人監督のデビュー作に出演