シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ひとりぼっちの青春』マイケル・サラザン、70歳で死去

『ひとりぼっちの青春』マイケル・サラザン、70歳で死去
ご冥福をお祈り致します。-マイケル・サラザン - Ron Galella / WireImage / Getty Images

 映画『ひとりぼっちの青春』でジェーン・フォンダと共演し、英国アカデミー賞新人賞にノミネートされたマイケル・サラザンが亡くなった。70歳だった。

 死因はガンで、カナダのモントリオールにある病院で息を引き取ったとマイケルのエージェントはロサンゼルス・タイムズ紙にコメントしている。マイケルは映画『黄金の指』『リーインカーネーション』『激走!5000キロ』などに出演。最近では2002年の映画『フィアー・ドット・コム』に出ていたほか、2008年にはテレビ映画「ザ・クリスマス・クワイアー(原題) / The Christmas Choir」に出演していた。

 ピープル誌によると、マイケルは映画『真夜中のカーボーイ』でジョー・バックを演じる予定だったが、ほかの映画会社と契約をしていたため実現されず、ジョン・ヴォイトが起用されたらしい。もしマイケルがジョーを演じていたら映画の歴史も大きく変わっていたかもしれない。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 20日
  5. 『ひとりぼっちの青春』マイケル・サラザン、70歳で死去