シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

日本の『アバター』はトラウマになるほど狂気!?『告白』の橋本愛が強烈な欲望を持つ主人公を熱演!!

日本の『アバター』はトラウマになるほど狂気!?『告白』の橋本愛が強烈な欲望を持つ主人公を熱演!!
本作では学園の女王さま! を演じる、橋本愛

 30日、シアターN渋谷にて、山田悠介の小説をモチーフに映像化された映画『アバター』の初日舞台あいさつが行われ、主演を務めた橋本愛、坂田梨香子、水沢奈子、指出瑞貴、大谷澪、増山加弥乃、清水富美加、そして和田篤司監督が登壇。想定したターゲットとは違う!? 観客に突っ込みを入れた。

 主演の橋本は、映画『告白』で殺害されてしまう学級委員長という難役に抜擢(ばってき)されたことで印象に残っているが、今回も地味でさえない立場から、学園の女王へと変貌していくという役柄を鮮やかに演じている。「わたしの役は高校生で、しかも惨劇のきっかけとなったのは携帯電話という、身近なものです。設定は非現実なものですが、現実の怖さを感じていただけたらうれしいです」とあいさつ。

 同世代の女の子たちが多い現場だったので、にぎやかな雰囲気で撮影は行われていたようで、坂田や水沢、清水、大谷などが壇上でガールズトークを展開すると、和田監督は「僕は学校の先生のような立場でしたね。いるでしょ? 慕われてない先生って」と自虐的な発言。会場からは笑いが起こる。

 また「(過激なシーンが多い内容なので)公開されるか不安だったので、無事初日を迎えられてうれしいです。(原作者の)山田先生は、中高生に人気のある方なので、中高生のトラウマになるぐらい、怖い作品にしようと思いました」と和田監督が映画に込めた思いを語ったが、会場を見渡すと苦笑いのあと一言。「この会場にはターゲットの人たちがいませんね」。会場を見渡す橋本をはじめとする登壇者。たしかに場内には、年齢層が高めで、中高生らしき人はほとんどいない。橋本の「確かに中高生はいませんね……」というコメントに場内は大爆笑に包まれた。

 本作は、独特な世界観で中高生を中心に人気を博している作家・山田悠介の同名小説を橋本愛ほか、フレッシュなキャストで映画化。インターネットコミュニティ上で自分の分身となるキャラクター、アバターに翻弄(ほんろう)されるあまり、現実と仮想との境界線を奪われ、欲望と狂気に支配されていく女子高生たちを描いたサスペンス・ホラー。(磯部正和)

映画『アバター』はシアターN渋谷で公開中


【関連情報】

関連作品
キーワード

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画 アバター from こみち (2014年1月2日 9時18分)
    JUGEMテーマ:邦画    出だしは陰湿なイジメから始まり、嫌がらせで始めたゲームのアバターに嵌って、ゲームにどんどん嵌っていき大金をつぎ込むあたりは社会現象となったコンプガチャを思い出しました。   また、お金のために援助交際をはじめて   ゲームに嵌って人生の坂を転げ落ちる阿武隈川道子。   狂気の沙汰ですね。まあ、実際にありそうで怖いですね。 &am ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アバター」 邦画のアバターです。顔は青くありません。女子高生って恐い・・・。 from ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!! (2011年5月14日 1時15分)
    今日は、「アバター」の試写会に行ってきました。あの「アバター」じゃないですよ。日本の映画で、山田悠介さんの原作を映画化したものです。 ストーリーは、 クラスで一番地味な道子(橋本愛)は、高校2年生の誕生日に母親から携帯電話をプレゼントされるが、クラスを仕切る ...[外部サイトの続きを読む]
  • 邦画 アバター(2011-024) from 単館系 (2011年5月6日 3時43分)
    邦画 アバターです。 青い顔のあの作品の事では有りません、ご注意を 「告白」の橋本愛主人公映画化2弾。 #管制塔と撮影時期どっちが先なんだろ? #たぶんこっちが先 山田悠介の同名小説の映画化。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク