シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

GW突入、興行界も好調の中『コナン』が『GANTZ』から首位奪還!『八日目の蝉』『豆富小僧』もランクイン!【映画週末興行成績】

GW突入、興行界も好調の中『コナン』が『GANTZ』から首位奪還!『八日目の蝉』『豆富小僧』もランクイン!
コナンがGANTZを下してトップに返り咲き! - (C) 2011 青山剛昌 / 名探偵コナン製作委員会

 いよいよゴールデンウイークも後半戦に突入。5月最初の週末ランキングは、連休真っ只中、なおかつ日曜日が1日の映画サービスデーと重なったこともあり、ほとんどの作品が前週より成績を伸ばしている。また、東日本大震災の影響により、東日本地区での一部劇場を休場としていたワーナー・マイカル・シネマズでは、24日の名取エアリ、新石巻に続いて、29日に羽生、千葉ニュータウンの営業も再開し、ワーナー・マイカル全劇場での上映が始まった。興行の世界も少しずつ、日常への回復へ向けて歩み始めているようだ。

 そんな中、今週は『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』が先週の2位から首位に返り咲いた。土日動員前週比120%と好調に推移しており、3週目を迎えた累計成績は動員155万9,642人、興収18億2,443万8,200円となった。そして首位から2位にダウンした『GANTZ:PERFECT ANSWER』だが、公開9日間の累計成績は動員が112万3,687人、興収13億7,432万3,100円と、公開2週目にして早くも動員100万人、興収13億円を突破している。

 そして公開3週目となる『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦』も土日動員前週比122%という高稼働で3位。4位の『ガリバー旅行記』ともども、先週と同順位をキープしている。

 5位には、直木賞作家・角田光代の同名小説を、井上真央と永作博美の共演で映画化した『八日目の蝉』が初登場ランクイン。全国224スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員14万2,990人、興収1億5,557万900円。初日の29日の金曜日分を合わせた3日間の成績は、動員が19万6,130人、興収が2億2,125万4,000円となった。

 その他、4月23日に関西地区32スクリーンで限定公開され、幸先のいいスタートを切った『阪急電車 片道15分の奇跡』が29日金曜日から、全国80スクリーンへと拡大公開され6位にワンランクアップ。そして7位は、京極夏彦の「豆富小僧双六道中ふりだし」を3Dアニメーション化した『豆富小僧』が初登場ランクイン。深田恭子、小池徹平、武田鉄矢、檀れい、松平健ら豪華声優陣の参加も話題となった。

 8位は公開5週目となる『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』は8位、公開8週目の『SP 革命篇』は9位とそれぞれ3ランクずつダウンとなった。そして公開10週目の『英国王のスピーチ』は10位で2ランクダウン。そして公開8週目の『塔の上のラプンツェル』が11位と惜しくもベストテン圏外に落ちた。さらに石原さとみ、中村獅童が声優を担当した『鬼神伝』は12位に初登場となっている。

 今週末は、『岳 -ガク-』『ルパンの奇巌城』『星を追う子ども』などのほか、東日本大震災の影響でタイトルが変更となった『アンノウン』。そして、震災の影響で公開が延期となっていた『ジャッカス3D』なども公開予定となっている。(ランキングなどは興行通信社調べ)(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 4日
  5. GW突入、興行界も好調の中『コナン』が『GANTZ』から首位奪還!『八日目の蝉』『豆富小僧』もランクイン!