シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

久石譲、ジブリや北野武映画など自らの音楽のみ、東京・大阪・パリ・北京で映像上映&オーケストラでの復興支援公演を開催決定!

久石譲、ジブリや北野武映画など自らの音楽のみ、東京・大阪・パリ・北京で映像上映&オーケストラでの復興支援公演を開催決定!
東京、大阪、パリ、北京で東日本大震災の復興支援コンサートとして行うことを決意した久石譲

 音楽家の久石譲が、スタジオジブリや北野武監督作品など、久石が手掛けた映画音楽を、それぞれの映画のシーンを舞台後方に設置したスクリーンに上映しながら、総勢250人のオーケストラと合唱隊で東京、大阪、パリ、北京で東日本大震災の復興支援コンサートとして行うことがわかった。

 久石と映像とのコラボレーションは、これが初めてではなく、以前スタジオジブリ作品で開催したことはあったが、そのときは、自らの手掛けた作品だけでなくほかの作品も交えてのコンサートだった。しかし、このたびの企画は、自身の映画音楽と映像だけで構成するコンサートで、これは久石にとっても初めての試みだという。

 このプログラムは、もともと日本国内での公演予定はなく、5月19日にポーランドのクラクフで開催される映画音楽祭のオープニングで演奏を予定していたプログラムだった。しかし、久石が4月末に気仙沼、陸前高田、大船渡を訪れたときにわき上がった思いにつき動かされ、復興支援公演として開催することを決めたという。

 久石は被災地を訪れる前は、自分のできる復興支援について、「音楽家は音楽で伝えればいい」という考えだったという。しかし、被災地に行ったことで「空気感をともなったその惨状の前で、自分のやろうとしていることは砂丘の一粒の砂にもならないことを実感した。しかし、立ち止まってはいけない。できることがある人は、それをやらなくてはいけない」と考え直し、今回の開催に至ったという。また、被災地でピアノや楽器が流された現状を見て、音楽家としての強い思いから、3か国4か所で行われる公演の収益のすべては、被災地の楽器を失った子どもたちのために、楽器を贈ることに使うという。

 最後に久石は、自らをつき動かした天からのメッセージを「お互いの痛みを分かち合いながら、希望を持ってそれぞれの場所でしっかり行動せよという意味にも僕には取れる。僕は僕の場所でできることを精いっぱい行っていく覚悟である」と映画『もののけ姫』のラストシーンのセリフ「ともに生きよ」を引用して語った。(編集部・下村麻美)

久石譲の復興支援公演のチケットは、5月14日(土)より10:00~各プレイガイドで一斉発売される。

コンサートのプログラム内容は以下のとおり。

■久石 譲 3.11 チャリティーコンサート~ザ ベスト オブ シネマミュージック~《映像付き》
演奏予定曲目(各映画のテーマ曲)
・スタジオジブリ宮崎駿監督作品:『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『崖の上のポニョ』
・北野武監督作品:『BROTHER』『HANA-BI』『菊次郎の夏』『Kids Return』
・ほか:『おくりびと』『General』『悪人』

※舞台後方に大型スクリーンを設置し、各映画の抜粋場面を投影。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 13日
  5. 久石譲、ジブリや北野武映画など自らの音楽のみ、東京・大阪・パリ・北京で映像上映&オーケストラでの復興支援公演を開催決定!