シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

妖精版『トワイライト』人間と妖精の恋描くメリッサ・マール著「妖精の女王」が映画化!

妖精版『トワイライト』人間と妖精の恋描くメリッサ・マール著「妖精の女王」が映画化!
カナダの女流監督メアリー・ハロン - Jeff Vespa / WireImage / Getty Images

 メリッサ・マール原作の「ウィックド・ラブリー(原題) / Wicked Lovely」シリーズ第1弾の映像化が、カナダの女流監督メアリー・ハロン×ヴィンス・ボーン制作で着手する方向だとして、ユニバーサル映画が明らかにしたことをDeadlineが報じた。

 『トワイライト』シリーズがヴァンパイアと人間の恋を描いたように、同作は美しく妖しいフェアリー(妖精)と人間という異種族の恋愛がメイン。原作「妖精の女王」で描かれるのは、フェアリーを見る力を持つ17歳の少女アッシュリンは、祖母から「妖精が見えていることを気づかせてはいけない」という言いつけを守って生きてきた。ところが、ある日、人間の姿をしたフェアリーに誘われたことから、彼女の周りにフェアリーが付きまとうようになるというもの。原作シリーズは本年2月に、第5弾にして最終章の「ダーケスト・マーシー(原題) / Darkest Mercy」が米国で発売になった。

 脚本は映画『シザーハンズ』のキャロライン・トンプソンが担当。監督は、当初アナウンスされていた映画『ボーイズ・ドント・クライ』のキンバリー・ピアースに代わり、映画『アメリカン・サイコ』やドラマ「Lの世界」シリーズのシーズン1などのメアリー・ハロンが務める。ユニバーサル映画とワイルド・ウエスト・ピクチャー・ショー・プロダクションズが製作し、2012年の公開予定だ。(南 樹里)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 6日
  5. 妖精版『トワイライト』人間と妖精の恋描くメリッサ・マール著「妖精の女王」が映画化!