シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ピクサー映画のクオリティーの高さはそのこだわりにあり!『カーズ2』ジョン・ラセター監督インタビュー(1/2)

ピクサー映画のクオリティーの高さはそのこだわりにあり!『カーズ2』ジョン・ラセター監督インタビュー
本作について熱弁を振るったジョン・ラセター監督 - (C)Disney/Pixar

 まもなく公開されるディズニー/ピクサー映画『カーズ2』のジョン・ラセター監督がインタビューに応え、本作でのこだわりや今後の予定されている作品について語った。ピクサー設立25周年となる今年に公開される本作はディズニー/ピクサーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるラセター監督にとっても特別なものであるようだった。

 5年ぶりにライトニング・マックィーンとメーターのデコボココンビが活躍する本作は、ピクサー設立25周年記念作品。だが、ラセター監督はそのことを意識していなかったといい、「言われるまで気づきませんでした。あまりにも映画を作るのに集中し過ぎていて、過去を振り返ることはめったにありませんでしたからね」と偶然であることを明かした。それでも前作の『カーズ』が20周年のときに公開されたこともあり、やはりこのシリーズはラセター監督にとっても特別なものとなっているようだった。

 擬人化された車が活躍するという本シリーズだが、キャラクター化する上では目や口の位置に至るまでとても気を使ったという。ラセター監督は「車はヘッドライトを目に置き換えたりすると、体が後ろにくっついているみたいで蛇みたいになってしまうんです」とあえてフロントガラスに目を置き、フロント部すべてが顔に見えるようにデザイン。「そうすると、四つ足が付いているということになり、前にあるタイヤは手のジェスチャーがとても自然になるんです」とアニメーション作家らしいこだわりのエピソードを披露。カーブの曲がり方やブレーキといった車ならではの挙動を再現するために実際のレースを観ることもあったというが、何よりも気を付けたことは、「アニメーターたちにはこのキャラクターは車で、スチールからできたキャラクターなんだということを常に思い出させないといけませんでした」と意外な答えが。ラセター監督は「常に車であると意識していないと、最終的に車らしくならないのでそういうことを意識しました」とあまり人間に近づけ過ぎてもいけないというキャラクター作りの秘けつを明かした。

 続編だからといって前作の焼き直しをするのではなく、「まったく違うものを作りたい」と語ったラセター監督は、本作を、田舎町を舞台にした前作から一転、世界中を転戦する一大エンターテインメントムービーに仕立て上げた。それは自身が率いるディズニー/ピクサーの次作にも引き継がれており、来年公開予定の映画『メリダとおそろしの森』はピクサーにとって初めての時代物。ラセターいわく「女性が主役ということでこれまで作ってきたものと全く違うものになっています」ということで今から完成が楽しみだ。そして2013年には映画『モンスターズ・インク』の前日譚(たん)『モンスターズ・ユニバーシティ(原題)/Monsters University』が予定されているという。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 25日
  5. ピクサー映画のクオリティーの高さはそのこだわりにあり!『カーズ2』ジョン・ラセター監督インタビュー