シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『101回目のプロポーズ』再び!武田鉄矢と浅野温子、おじちゃんとおばちゃんになっても「すてきな恋を全力で見せたい!」

『101回目のプロポーズ』再び!武田鉄矢と浅野温子、おじちゃんとおばちゃんになっても「すてきな恋を全力で見せたい!」
約20年ぶりに共演を果たす武田鉄矢と浅野温子

 ドラマに続いて舞台「時代劇版『101回目のプロポーズ』」でも主演を務める武田鉄矢と浅野温子が、約20年ぶりに再会したとは思えないほどのきずなを感じさせながら、「すてきな恋を全力で見せたい!」と上演に向けた意気込みを語った。

 そもそも「101回目のプロポーズ」が舞台化されることになったきっかけは、武田がこれまで3度舞台公演を行っている福岡県・博多座のスタッフからの提案だったそうで、「ちょんまげで『101回目のプロポーズ』をしませんかと言われ、そのアイデアは面白いなと思いました」と武田は振り返った。浅野が出演してくれるかどうかが気掛かりだったそうだが「(浅野は)トレンディードラマで鳴らした方なので、ローカルには出てくれないだろうと思っていたのに、OKが出たと聞いてビックリしました」と、社会現象を巻き起こした国民的カップルの復活に顔をほころばせていた。

 一方の浅野は、オファーを受けたときの心境を「舞台化すると聞いて、最初は『何を考えているのかしら』って思いました」とジョーク交じりに明かし、出演を決意したのはファンからの後押しだったことを告白。「ファンからはとにかくやってほしいと言われました。『20年前みたいに若くないんだよ、わたしたちはもうおじちゃんとおばちゃんだよ』と言ったのですが、ファンにとってはそんなことはどうでもいい。武田さんとわたしが一緒に立つことが大事なんですって言われて、やっても良いのかなって。すてきな恋を全力で見せたいです」と感慨深げに語った。

 ところで2人は、ドラマ版「101回目のプロポーズ」の撮影以来、20年近く会うことがなかったという。舞台化が決まって再会する際、武田は「浅野さんと再会したら、違和感を覚えるか、ギクシャクするかと思っていた」と少々不安だったことを明かしたが、「2人乗りの戦闘機に並んで乗っているように、同じ方向を向いて一緒に飛び立とうとしている戦友のように感じた。気付きませんでしたが、この人とはかつて濃密な時間を過ごしたんですね」と語るなど、すぐに当時の2人に戻れた様子。すると一方の浅野も「(武田とは)『じゃあね』って言ったのが昨日みたい。ひんぱんに会っているかは(2人の間では)あまり関係ないんですよね」と、時を越えた深いきずなを改めてかみ締めていた。

 今回武田が演じるのは、熊本藩の下級武士。そして浅野は、ほかの藩から流れ着いた美女という設定だ。ドラマ版では武田は万年係長、浅野はチェリストという設定だったが、「ちょんまげをつけているだけで、物語の骨格は変わりません」と、オリジナルの世界観を大事にしていることを武田は強調。そして気になるのは、武田がダンプの前に飛び出し「僕は死にません!」と叫ぶ名シーンがどう再現されるかだが、「企業秘密にさせてください」と武田はいたずらっぽい笑顔ではぐらかし、「(本作が上映される)博多はすてきな街なので、多くの方にとっては遠いかもしれませんが、ぜひいらしてください。博多の風を吸いながら劇場の席に着くと、芝居をもっと楽しめます!」と、作品と共に自身の故郷である福岡県のアピールを行った。(肥沼和之)

舞台「時代劇版『101回目のプロポーズ』」は2012年3月2日~3月28日まで福岡県・博多座にて上演


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 25日
  5. 『101回目のプロポーズ』再び!武田鉄矢と浅野温子、おじちゃんとおばちゃんになっても「すてきな恋を全力で見せたい!」