シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『007』シリーズ新作、ロケーションはインドの雑踏で

『007』シリーズ新作、ロケーションはインドの雑踏で
こちらはボンドを演じるダニエル・クレイグ - Jon Furniss / WireImage / Getty Images

 映画『007』シリーズの新作となる23作目の撮影が、一部、インドで行われることになり、現地での制作準備が進んでいるようだ。

 BBCオンラインの報道によると、製作陣はインド政府からムンバイ、デリー、ゴアなど、インド各地での撮影許可を得たという。製作会社EONは撮影スケジュールの詳細などについて詳しいことを明らかにしておらず、BBCの取材に対しても「まだ準備段階」と述べるにとどまっているが、インドの現地メディアでは、撮影がデリー市内にある有名な蚤の市の雑踏のなかで行われると報じている。一方で、現地新聞のデリー・タイムズ紙は、サム・メンデス監督はデリーよりもムンバイでの撮影を希望しているとも報道。どちらにしても、メンデス監督は「インドの混雑した町を撮影したい」と語っているという。また、本作のプロデューサーがインドの鉄道当局者と会談し、駅でのシーンの撮影許可も求めているそうで、シーンの一部に加わってくることは間違いなさそうだ。

 『007』シリーズがインドで撮影されるのは、1983年の第13作『007/オクトパシー』以来、2度目。このときはインド人俳優も起用し、インド北西部の古都ウダイプールの宮殿で撮影が行われた。今回の作品についてはインドのほかに南アフリカでの撮影についても報じられており、『007』シリーズらしいインターナショナルな作りとなりそう。タイトルはまだ未定だが、今年の末から撮影が始まり、2012年11月9日の公開を予定している。(竹内エミコ)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 4日
  5. 『007』シリーズ新作、ロケーションはインドの雑踏で