シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

宍戸錠、モテキに1,331人の女性と関係をもった!ニューヨーク映画祭に登場しハリウッドスターも仰天の衝撃発言!(1/2)

宍戸錠、モテキに1,331人の女性と関係をもった!ニューヨーク映画祭に登場しハリウッドスターも仰天の衝撃発言!
パワフルな宍戸錠! 御年77歳-ニューヨーク映画祭にて - Photo:Nobuhiro Hosoki

 日活ニューフェイス第1期生として入社して、その後タフな悪役として人気を博した「エースのジョー」こと宍戸錠が、現在開催しているニューヨーク映画祭で行われている「日活創立100周年記念」のために渡米し、過去の出演作品と共にインタビューで当時を振り返った。

 まず、宍戸錠の小学生時代は、父親が満州事変の際に事業で成功し、一時期は裕福な暮らしをしていたそうだ。「実際に1500坪くらいある庭と、75坪くらいある平屋に住んでいたんだ。当時、そこには竹やぶや池、小さな島、檜(ひのき)、そしてその檜の横から富士山も見えていて、映画の真似ごとをするには最適だったんだよ」と恵まれた環境で育ったことを語り、「それに靴下が破けていたりすると、(機嫌を損ねて)学校に行かないほどの偉そうなガキだったんだ(笑)!」と生意気な少年であったことを話してくれた。ちなみに、そんな学校をよく休んでいた彼を、同じクラスの生徒と先生が自宅を訪ねてきたこともあったそうだ。

 ところが、その自宅が東京大空襲で全焼し、宮城県の白石市に疎開することになる。「白石という町は小さかったけれど映画館が二つあって、(悪ガキだったから)無料で入る方法をすぐ覚えちゃったね(笑)! ただ、高校2年生まで身長が152センチしかなくて、いじめられていたこともあったが、高校3年の時に一挙に身長が伸びて175、6センチにもなったんだ」。それからはいじめられることはなく、逆にけんかが強くなっていたそうだ。

 1954年に日活に入り、日活映画の黄金期には1年で10本以上の映画に出演していたが、当時の生活状況については「遊ぶ間もないほど忙しかったわけじゃない。(小林)旭と(浅丘)ルリ子が当時付き合っていたから、彼らとは遊ばずに、おれはよく二谷(英明)と遊んでいたんだ。彼には「ヤリにいくぞ!」と言ってよく一緒に出掛けていったよ……(笑)。彼は以前に佐世保にある進駐軍のラジオ番組で働いていて、英語ができてすごくモテていたんだ。僕らは撮影も全国各地で行っていたから、行く先々でよく遊んでいたが、日活ニューフェイスの5期生で、映画『男の紋章』シリーズの高橋英樹だけは女に堅かったんだ」と当時の遊び仲間も教えてくれた。

 そんな遊びの中でも、彼にはワイルドな話があるようだ。「僕にもモテキみたいな時期があって、これまで1,331人の女性と寝てきたんだ。どれも売春行為なんかじゃなく、みんな自分で口説いた女性だけだったよ。その中には女優もいたけれど、大スターはいなかったね。それをやると、いちばんやばかったからね」と衝撃的な話もしてくれた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 4日
  5. 宍戸錠、モテキに1,331人の女性と関係をもった!ニューヨーク映画祭に登場しハリウッドスターも仰天の衝撃発言!