シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンロー役に挑戦した話題の新作がニューヨーク映画祭に登場!-ニューヨーク映画祭(1/2)

ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンロー役に挑戦した話題の新作がニューヨーク映画祭に登場!-ニューヨーク映画祭
(左から)サイモン・カーティス監督、ミシェル・ウィリアムズ、エディ・レッドメイン

 ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンロー役に挑戦した話題の新作『マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン(原題) / My Week With Marilyn』が、現在開かれているニューヨーク映画祭(N.Y.F.F 49th)で上映され、女優ミシェル・ウィリアムズ、サイモン・カーティス監督、男優エディ・レッドメインが語った。

 同作は、マリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)がロンドンで、ローレンス・オリヴィエの主演/監督作『王子と踊子』に出演していた当時の撮影状況を、アシスタント・ディレクターとして働いていたコリン・クラーク(エディ・レッドメイン)の目で見つめた傑作ドラマ作品。コリン・クラークの同名タイトルの原作を映画化している。

 まず、制作経緯についてサイモン・カーティス監督は「幸運にも原作者のコリン・クラークが最初に書いた日記『ザ・プリンス、ザ・ショーガール・アンド・ミー』(日記を集めた単行本)を読んだんだ。(この日記は、後に同名タイトルでドキュメンタリー化されている)それから、5年後にこの映画の原作『マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン』を読んだんだ。その時の印象は、映画製作をとてもユニークな観点から見つめていると思った。それからは、脚本家エイドリアン・ホッジスとともに脚本を執筆し、さらにBBCとワインスタイン・カンパニーのもとで制作ができることになったんだ」と明かした。

 これまでテレビや映画を通して数多くのマリリン・モンローを描いた作品があるが、リサーチの過程で、ミシェルはマリリンについて新たな発見があったのだろうか。「これまで描かれてきたマリリンの作品は、どの作品も似ている箇所があったわ。きっとまだ描かれていない箇所があるはずと思って、それを起点に彼女をもっと調べようと思ったの」と述べたミシェルだが、実際に行ったリサーチは「彼女の映画を観たり、インタビューを聞いたり、山積みになった(伝記)本を読んだりしていた」と語り、普通の俳優の行うプロセスとたいして変わりがなかったようだが、そのリサーチ過程で大きな発見があったようだ。それは「マリリン・モンローはマリリン・モンローというキャラクターを演じていたの。皆がなじんでいたマリリンの内面には、もう一人の(別の)人が居たのよ。ただマリリンは、(映画内や公共の場では)そのマリリンというキャラクターを徹底して演じきる技巧を、自ら勉強して完璧にしていったの。だから彼女を演じる上では、マリリンとさらにもう一人の彼女を演じるわけで、なかなかマスターできずに、時間の掛かるプロセスになったわ」とこれまでのマリリン役とは違い、複雑なマリリンの心境がミシェルを通して克明に伝わってくる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 16日
  5. ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンロー役に挑戦した話題の新作がニューヨーク映画祭に登場!-ニューヨーク映画祭