シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「カイジ」原作者が「ざわ…ざわ…」の由来を明かす!

「カイジ」原作者が「ざわ…ざわ…」の由来を明かす!
福本伸行

 映画『カイジ2~人生奪回ゲーム~』で、脚本にも初挑戦した原作の福本伸行が、作品に登場する「ざわ…ざわ…」の擬音の由来やギャンブルの魅力を明かした。福本は、ファンの間で一人歩きし、インターネット上にもよく用いられるようになった「ざわ…ざわ…」の表現について、「『天 天和通りの快男児』(1989年から2002年まで「近代麻雀ゴールド」にて連載された麻雀漫画)辺りから牌を切ったときの表現に使い始めたんです。後ろで勝負を見ているギャラリーが、『何であの牌が通るんだ!?』ってざわざわしている心理描写で」ともともとは背景に臨場感を出すために使用した、文字通り“ざわざわしている人々”の表現だったことを明かした。

 「それから誰もいないのにざわざわしちゃうっていう感じを表現するために使い出したら、福本が本家みたいになって、いつのまにか専売特許のようになった」と語り、「おれにはうれしいんだけど、普通の日本語だよ。おれが作った言葉ではないよ(笑)」と謙遜(けんそん)した。そんな福本が手掛けた「カイジ」シリーズは、1996年から現在に至るまで連載が続く大人気シリーズへと成長したが、福本はそこに至るまで苦労や決断の連続だったことを明かし、人生をギャンブルに例えると、「高校を出て就職したけど、漫画家になると決めて3か月で会社を辞めて、持ち込みをしてかざま鋭二先生のところにアシスタントにいったとき」が一番の勝負どころだったっと振り返った。

 『カイジ2~人生奪回ゲーム~』は、原作でも人気の高いエピソード「欲望の沼」をメインに、カイジたちが命懸けのゲームに挑む姿を描いた作品。本作に脚本としても参加し、新たなゲーム「姫と奴隷」を登場させた福本は、本作の完成披露会見に登場した2億円の札束を見て、新しいギャンブルを思いついたとニヤリ。「いずれは使おうと思っているので今は言えないな」とそれについては明かしてくれなかったが、夢を追う若者たちに向け、「自分の人生は自分しか救う人がいない。人生に不遇を感じて不満ばかり言っても何も変わらない。不幸なところからでも自分で前に向かっていくしかないっ!」と熱いエールを送った。主人公カイジ役の藤原竜也をはじめとした豪華共演陣のほか、前作に続きカメオ出演をしている福本にも注目の本作。まずは本作を楽しんで、福本が2億円の札束を見て思い付いたというギャンブルが日の目を見るときを待ち望みたい。(取材・文:中村好伸)

映画『カイジ2~人生奪回ゲーム~』は11月5日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 福本伸行が「ざわ…ざわ…」の由来を語る from 最近気になるニュース 面接ネタ倉庫 (2011年11月1日 10時13分)
    ギャンブル漫画で一世を風靡した福本伸行原作の漫画「カイジ」 の英が続編が発表され、原作者の福本伸行は脚本も手がける 事になりましたが、福本伸行の原作漫画によく出てくる 「ざわ…ざわ…」という祇園の由来などを明かしています。 ギャンブル漫画を数多く世に出した… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 福本伸行が「ざわ…ざわ…」の由来を語る from ニュースな日記 (2011年10月31日 23時46分)
    ギャンブル漫画で一世を風靡した福本伸行原作の漫画「カイジ」 の映画続編が発表され、原作者の福本伸行は脚本も手がける 事になりましたが、福本伸行の原作漫画によく出てくる ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 31日
  5. 「カイジ」原作者が「ざわ…ざわ…」の由来を明かす!