シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

役所広司&小栗旬出演『キツツキと雨』が審査委員特別賞!日本作品の受賞は2年連続!「東京 サクラ グランプリ」はフランス映画『最強のふたり』!【第24回東京国際映画祭】(1/3)

役所広司&小栗旬出演『キツツキと雨』が審査委員特別賞!日本作品の受賞は2年連続!「東京 サクラ グランプリ」はフランス映画『最強のふたり』!
トロフィーを手にした沖田修一監督

 第24回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが30日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、日本からコンペティション部門に唯一出品された映画『キツツキと雨』が審査員特別賞を受賞した。同賞を日本映画が受賞するのは、昨年の新藤兼人監督の『一枚のハガキ』に続き、2年連続の快挙。最高賞にあたる「東京 サクラ グランプリ」はフランス映画『最強のふたり』が選ばれた。

 東日本大震災以降初の開催となったこともあり、「信じよう。映画の力。」をテーマに掲げた今年の同映画祭。邦画唯一のコンペティション出品作となった『キツツキと雨』は見事、審査員特別賞を受賞した。登壇した沖田修一監督は邦画唯一の出品ということでプレッシャーを感じていたようだが、「いろいろな人から頑張ってくださいと言われたんですが、もう映画はできているので頑張りようがないんです」と思わず本音を漏らし、会場から笑いが出る場面も。同映画祭でワールド・プレミアを迎え、「(作品が上映されたときに)観客が笑ってくれたのでうれしかった」と手応えを感じていたことを明かすと、「なので、もう賞はいらないと思っていたんですが、やはり無心ではいられなかったですね。地方ロケを行ったので、たくさんの人を借りて作った映画だと思っています」と映画に関わったすべての人々に感謝の念をささげていた。

 また、最高賞にあたる「東京 サクラ グランプリ」を受賞したのはフランス映画『最強のふたり』。車いす生活を送ることを余儀なくされた大富豪と彼の介護人であるアフリカ系青年の交流をユーモアたっぷりに描いた同作からは、フランソワ・クリュゼ、オマール・シーが主演男優賞もW受賞しており、文句なしの最高賞受賞となった。フランスでの劇場公開を2日後に控えているということもあり、残念ながら主演の二人、そしてエリック・トレダノ監督、オリヴィエ・ナカシュ監督は欠席となったが、それぞれメッセージという形で受賞の喜び、そして審査員たちへ感謝を表した。同作を楽しんで制作したという監督の二人は、「何か月か後に日本で劇場公開されるときは、必ず来日します。これは約束というよりも責任です」とコメントし、これには会場中から大きな拍手が送られた。審査委員長のエドワード・R・プレスマンは、今年の傾向として「移民と移民のぶつかりあい」があったことを述べると、『最強のふたり』については「(立場や人種の違う二人が)ぶつかりあいながらも、調和と喜びを見つける過程を見事に描いていました」とまさに今年の同映画祭を代表する作品だと絶賛した。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 30日
  5. 役所広司&小栗旬出演『キツツキと雨』が審査委員特別賞!日本作品の受賞は2年連続!「東京 サクラ グランプリ」はフランス映画『最強のふたり』!