シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ディカプリオ、20歳~70歳代を一人で演じ分け!FBI初代長官J・エドガーの半生を巨匠イーストウッド監督とタッグで描く!

ディカプリオ、20歳~70歳代を一人で演じ分け!FBI初代長官J・エドガーの半生を巨匠イーストウッド監督とタッグで描く!
表と裏を表現したかのような2種類のUSポスター。これ、ディカプリオです! - (C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 クリント・イーストウッド監督とレオナルド・ディカプリオが初めてタッグを組んだ映画『J・エドガー』の予告編が解禁され、FBI初代長官J・エドガーの20歳代から70歳代までを一人で演じ切ったディカプリオの迫真の演技が明らかになった。

 『J・エドガー』は、1924年から1972年の48年間、FBI(アメリカ連邦捜査局)の長官を務めたJ・エドガーの半生に迫る実話を基にした社会派ドラマ。映画『ミリオンダラー・ベイビー』などでアカデミー賞監督賞を受賞するなど、映画監督としても確固たる地位を確立しているクリント・イーストウッドがメガホンを取り、主人公J・エドガーをレオナルド・ディカプリオが熱演。エドガーは、現在のアメリカ警察組織のトップに君臨するFBIの基礎を築き、これまで最も長く政府機関の長を務めた歴史的な人物で、その功績から「英雄」とたたえられているものの、強引なやり方などが物議を醸し、私生活にも謎が多い。

 本作ではそんな彼の人物像や、FBI長官として歴代8人の大統領に仕えたエドガーならではの苦悩や葛藤がつぶさに映し出され、ディカプリオは一人で晩年までを見事に演じ分けている。予告編では、特殊メイクを施したディカプリオの姿も見て取れ、母親役のジュディ・デンチ、秘書役のナオミ・ワッツら豪華共演者と繰り広げる演技合戦は圧巻。早くも来年2月に授賞式が開催されるアカデミー賞有力候補作品として業界関係者の熱い注目を浴びているのも納得の出来栄えを実感することができる。

 法の重鎮として巨大な権力を保持したエドガーは、歴代大統領にも恐れられた人物ゆえ、表向きの栄光だけではなく、ミステリアスな裏の顔ものぞかせる。真実とは何なのか? そんな問いをシリアスな映像描写で見せつける『J・エドガー』は、お正月映画第2弾として登場するにふさわしい超大作として話題を集めること必至だ。(編集部・小松芙未)

映画『J・エドガー』は2012年1月28日より丸の内ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 11日
  5. ディカプリオ、20歳~70歳代を一人で演じ分け!FBI初代長官J・エドガーの半生を巨匠イーストウッド監督とタッグで描く!