シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ヴィム・ヴェンダース、12年ぶりのアカデミー賞ノミネートなるか?ドキュメンタリー長編賞ノミネート候補が発表!【第84回アカデミー賞】

ヴィム・ヴェンダース、12年ぶりのアカデミー賞ノミネートなるか?ドキュメンタリー長編賞ノミネート候補が発表!
映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』より - (c)2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH, EUROWIDE FILM PRODUCTION

 来年2月26日に行われる第84回アカデミー賞のドキュメンタリー長編賞ノミネート候補15作が発表され、その中にヴィム・ヴェンダースの新作『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』が含まれていることが明らかになった。もしもノミネートされれば、ヴェンダース監督にとっては第72回アカデミー賞以来、2度目のノミネートになる。

 18日、映画芸術科学協会(A.M.P.A.S)は、第84回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞の選考対象となった124作品からノミネート候補になった15作を発表。最終的にはこの中から選ばれた5作が来年1月24日にノミネート作品として発表され、賞を競うことになる。

 今回発表された15作のうち、すでに日本で公開、もしくは今後公開が予定されているのはヴィム・ヴェンダース監督の映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』と、第24回東京国際映画祭<natural TIFF>部門に出品されたジェームズ・マーシュ監督の『プロジェクト・ニム』の2作品。前者がノミネートされれば、ヴェンダース監督にとっては第72回アカデミー賞の同賞にノミネートされた『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』以来、2度目のノミネート。後者のマーシュ監督は第81回アカデミー賞同賞を『マン・オン・ワイヤー』で受賞しており、もしもノミネートされれば、それ以来3年ぶりのノミネートになる。(編集部・福田麗)

第84回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞のノミネート候補15作は以下のとおり。
『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』
『プロジェクト・ニム』
『バトル・フォー・ブルックリン(原題) / Battle for Brooklyn』
『ビル・カニンガム・ニューヨーク(原題) / Bill Cunningham New York』
『バック(原題) / Buck』
『ヘル・アンド・バック・アゲイン(原題) / Hell and Back Again
『イフ・ア・ツリー・フォールス: ア・ストーリー・オブ・ジ・アース・リベレーション・フロント(原題) / If a Tree Falls: A Story of the Earth Liberation Front』
『ジェーンズ・ジャーニー(原題) / Jane's Journey』
『ザ・ラビング・ストーリー(原題) / The Loving Story』
『パラダイス・ロスト3: パーガトリー(原題) / Paradise Lost 3: Purgatory』
『ゼンパー・ファイ: オールウェイズ・フェイスフル(原題) / Semper Fi: Always Faithful』
『シング・ユア・ソング(原題) / Sing Your Song』
『アンデフィーテッド(原題) / Undefeated』
『アンダー・ファイア: ジャーナリスツ・イン・コンバット(原題) / Under Fire: Journalists in Combat』
『ウィ・ワー・ヒア(原題)/ We Were Here』


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 21日
  5. ヴィム・ヴェンダース、12年ぶりのアカデミー賞ノミネートなるか?ドキュメンタリー長編賞ノミネート候補が発表!