マン・オン・ワイヤー (2008)

2009年6月13日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マン・オン・ワイヤー

見どころ

1974年に、今はなきニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーで綱渡りした伝説の大道芸人、フィリップ・プティの半生を追ったドキュメンタリー。人々を驚きと喜びで沸かせた前代未聞の挑戦を、当時の映像に関係者や彼自身の証言を交えて描き、第81回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞ほか数多くの映画賞を獲得。監督は、『キング 罪の王』のジェームズ・マーシュ。地上500メートル近い高さを命綱なしで渡る彼の姿がスリルと感動を誘う。

あらすじ

1974年8月7日、フランスのある大道芸人がニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーを命綱なしで綱渡りしようとしていた。その男フィリップ・プティは世界中の有名な建物を制覇してきた、綱渡りでの逮捕歴500回以上になる伝説の人物。今回の挑戦は仲間たちと6年かけて入念な準備をしてきており、ついに念願の夢に挑むときがくる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
MAN ON WIRE
製作国
イギリス
配給
  • エスパース・サロウ
カラー/35ミリ
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]