シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

破傷風が何よりこわい!アラフォー世代のトラウマ映画『震える舌』と『この子の七つのお祝いに』がDVDで初登場!

破傷風が何よりこわい!アラフォー世代のトラウマ映画『震える舌』と『この子の七つのお祝いに』がDVDで初登場!
『震える舌』のワンシーン。怖すぎます!!!!ヒイイイギィアアアア!!! - (c)1980 松竹株式会社

 数多くの映画ファンが、「トラウマ映画」として挙げている、昭和時代の名作映画『震える舌』と『この子の七つのお祝いに』が、「あの頃映画」DVD第一弾「発掘! 蔵出しムービーセレクション」として、今月23日、松竹より発売される。

 映画『震える舌』は、泥んこ遊びをきっかけに破傷風に冒されてしまった少女・昌子と、彼女を看病する両親が次第に追い詰められていく様子を描いた作品。両親役には、渡瀬恒彦と十朱幸代、院長先生役には宇野重吉。名優が名前を揃える本作で、ずば抜けた才能を見せているのが、娘役を演じている子役の若命真裕子。口の周りを血だらけにし、舌を噛み切ってしまうほど痙攣する姿はとにかくリアル。「ヒイイイイイギアアアアアア!」と恐ろしい金切り声で叫び狂う彼女の声は思わず耳を塞ぎたくなるほどで、破傷風特有の症状である激烈な筋肉発作により、弓のように体を反らす姿は、『エクソシスト』を上回る、全身鳥肌ものの恐ろしさだ。また、同時発売される映画『この子の七つのお祝いに』は、岩下志麻、根津甚八、杉浦直樹、岸田今日子、の豪華キャストによるサスペンスドラマ。第一回横溝正史賞を受賞した斉藤澪の同名小説を、映画化した本作は、戦後の混乱によって人生を狂わされた女の復讐を描く。本作で最も恐ろしいのは、自分を裏切った男への恨みだけで生きる、錯乱状態の母親を、鬼気迫る演技で熱演した岸田の狂気。針で豆腐を刺し続ける姿や不気味な笑顔は、寒気がするほど怖く、岸田の怪演歴のなかでもナンバーワンといえるだろう。

 『震える舌』も、『この子の七つのお祝いに』も、当時、テレビで放映されたときは、あまりの恐怖にチャンネルを変えた子どもが続出したという、どちらも有名なトラウマ映画。お化けも、悪魔も出てこない、ホラーを超えた現実の恐怖を描き、数多くの映画ファンの記憶に鮮烈に残っているこの2作品は、DVD化が発表されて以来、異例の予約数を記録。Amazonの「日本映画」ベストセラーカテゴリにおいて、旧作としては1、2位を独占。日本映画総合でもトップテンに入るほど注目が集まっている。(11月17日付) 

 また、「あの頃映画」第一弾として、先に紹介した2作のほか、「魔性の夏 四谷怪談より」「時代屋の女房」「魚影の群れ」「BU・SU」「つぐみ」「シュート!」「再会」「季節風」「夏目雅子出演名作集」なども同時発売される。最近の映画やテレビにちょっと飽きてきてしまったら、“あの頃”に観た、懐かしい映画をもう一度楽しんではいかがだろうか?(編集部:森田真帆)

 あの頃映画 松竹DVDコレクション『震える舌』『この子の七つのお祝いに』は、11月23日に発売 定価2,940円(税込)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 22日
  5. 破傷風が何よりこわい!アラフォー世代のトラウマ映画『震える舌』と『この子の七つのお祝いに』がDVDで初登場!