シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

AKB48渡辺麻友、アニメ声優選抜勝ち抜く!メインキャスト9名に名を連ねる(1/2)

AKB48渡辺麻友、アニメ声優選抜勝ち抜く!メインキャスト9名に名を連ねる
宣言どおり、メインキャストに選ばれた渡辺麻友 - (C)AKB0048製作委員会

 13日、東京・新宿バルト9にて、人気アイドルグループAKB48のアニメ化企画・テレビアニメーション「AKB0048」声優公開オーディションが開催され、AKB48の渡辺麻友ら、1次オーディションを通過した30名が登壇、本作でメインキャラクターを演じる9名に選抜されるべく、熱い戦いを繰り広げた。

 本作は、芸能禁止の時代、地球滅亡までゲリラライブを送り続けた伝説のアイドル「AKB48」に憧れる、「AKB0048」研究生9名が主人公となる。その9名の声優枠を狙って、AKB48グループ(AKB48、SKE48、NMB48、HKT48)の総勢200名の中から選ばれたのが、今回一次オーディションに合格した30名だ。中でも注目は、「生まれたときからアニメが大好きで、ずっとアニメを観て育って来ました」という、AKB48、そしてスピンアウトユニット渡り廊下走り隊のメンバーである「まゆゆ」こと渡辺麻友。

 そんな渡辺は、「アニメはわたしに大切なことを教えてくれた。その感謝の気持ちを込めて、このチャンスを逃したくありません」と渾身のアピール。「絶対にセンターになってみせます!」と声高々に宣言すると、会場からは大きな拍手が送られた。

 そしてオーディションの結果、渡辺は激戦を勝ち抜き、見事合格。9名の中でも最後の発表となり、「名前を呼ばれたのが最後だったので、(呼ばれるまで)ずっと不安だった」と明かすも、「アニメのすばらしさを全世界の方々に伝わっていくように、9人で頑張っていきたいと思います」と意気込みを見せた。

 最後に、「AKB48」総合プロデューサーの秋元康が、「選考に漏れた21名の皆さん、全然落ち込むことないですよ。(一次オーディションに合格した)30名に入ったのは、すばらしいことですから」とコメント。「やっぱり声優はこうだ、とかプロの真似をしても、技術は追いつかない。それは後から身に付くもの。そのかわり、自分のやり方とか、わからなくても思いっきりやる。自分らしさを出すのが大事」と語り、力を出し切った参加メンバーたちは、清々しい表情をしていた。

 テレビアニメ「AKB0048」は、日本が誇るアニメーション技術を駆使して製作するハイクオリティ・オリジナルアニメーション。映画『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』の河森正治が原作・総監督を務め、脚本にアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の岡田麿里、キャラクターデザインを「マクロス FRONTIER」の江端里沙が担当。「AKB48」総合プロデューサーの秋元康も、企画・監修として参加している。(取材・文:尾針菜穂子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 13日
  5. AKB48渡辺麻友、アニメ声優選抜勝ち抜く!メインキャスト9名に名を連ねる